「つなげようロータリーの 丸で囲んだ「わ」 ! 」(=和・輪)

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



奉仕活動

2022年

バギオ基金より寄付に対する表彰令和4年4月25日

2022年4月25日に、一般財団法人 比国育英会バギオ基金(バギオ基金)へ、六本木ロータリークラブより、寄付をしたことに対して、淺田バギオ基金会長より、表彰状をいただきましたので、ご報告いたします。

バギオ基金は、フィリピンにおいて、日系または一般の青少年のために育英基金を提供し、勉学援助や、日本への留学を支援することで、日本とフィリピンの親善友好を深めることを目的に設立された基金です。六本木ロータリークラブ会員の皆様、寄付にご協力いただきありがとうございました。

バギオ基金御礼状 バギオ基金領収書

※画像をクリックするとPDFが開きます。

(記:髙栁監事)

六本木クリーンアップ報告令和4年4月16日

4月16日、昨年の12月以来久しぶりの「六本木クリーンアップ」に参加いたしました。

今回も感染症対策を施し、事前申込者50名限定での開催でした。

六本木クリーンアップ1

我がロータリーメンバーは柏原会長以下、総勢3名の参加、六本木7丁目エリアを中心に活動いたしました。初参加のファミリーも大活躍、特にお父さん。

ヒルズ内にある竹が植栽してある場所には小さな「竹の子」がにょきにょき!子どもたちが大興奮!春の息吹を感じたひとときでした。

六本木クリーンアップ2
六本木クリーンアップ3

(記:堀井親睦活動委員長)

国際ロータリー第2750地区「奉仕の集い」発表報告令和4年3月23日

3月23日にロータリー財団・地区事務局にて「奉仕の集い」の発表をビデオ撮影が行われました。例年はイベント方式で開催されておりましたが、今回はコロナ感染対策と言う事でビデオ撮影を行い、各クラブへDVDでご紹介する方法が取られました。当日は下記の5委員会及びクラブがそれぞれ8分程度の持ち時間で、奉仕活動の発表が録画されました。

【プログラムスケジュール】
1,職業奉仕委員会
2,国際奉仕委員会
3,青少年奉仕委員会
4,2020支援委員会
5,ロータリーファミリー支援委員会
6,パシフィックベイスングループ
7,東京サンライズ・東京グローバル・東京田園調布緑ロータリークラブ
8,東京グローバルロータリークラブ
9,東京銀座新ロータリークラブ
10,東京愛宕ロータリークラブ
11,米山友愛ロータリークラブ
12,東京町田ロータリークラブ
13,東京八王子南ロータリークラブ
14,東京六本木ロータリークラブ
15,東京昭島中央ロータリークラブ
16,東京ピースウィングロータリークラブ

今回六本木ロータリークラブは2019−20年度に国際奉仕委員会で行いました「友情の奨学金」プロジェクトの活動発表をさせて頂きました。この活動を実行している最中にコロナ禍となってしまいましたので、活動の継続性を重視しているこの活動にご参加いただけるクラブへのアプローチとしても有効な機会となりました。当日は皆様にまだご報告出来ていない、奨学生の最新情報も含めご報告させて頂きました。此方のビデオは後日当クラブにも頂ける事になっておりますので、また例会中にお見せ出来る機会を設けたいと思います。

奉仕の集いの発表の様子

(記:2019-20年度 国際奉仕委員会 小篠会員)

感謝状令和4年1月17日

  • 2021年11月付けで、米山記念奨学会より、多額の寄付をしたとのことで、当クラブに対して「第14回米山厚労クラブ」の感謝状が贈られました。
  • 米山功労クラブ賞状
    授与写真1
  • 2022年1月付けで、比国育英会バギオ基金より、多額の後援資金を提供したとのことで、当クラブに対して「第1回感謝状」が贈られました。
    同基金の淺田豊久会長から、柏原会長に対して、直接感謝状が手渡されました。
    また、淺田さんは、個人としても多額の後援資金を提供されたとのことで、同基金から感謝状が贈られております。
  • バギオ基金賞状
    授与写真2

以上

(記:高倉幹事)



▲ PAGE TOP