「楽しもうロータリー!ファインコミュニケーションで」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



卓話

2022年10月

卓話『東京、ときどき東川「二拠点生活で見つけた豊かさ」』令和4年10月3日

ハースト・デジタル・ジャパン モダンリビング 発行人 下田 結花様

ハースト・デジタル・ジャパン モダンリビング 発行人 下田 結花様

2014年に取材で訪れた東川町は、北海道の真ん中にある8500人程の小さな町で、国道・鉄道・水道がない町です。全国的に過疎化にある中で、どうやって町を活性化させて人口を増やしていくかという取り組みや、大きな企業を誘致せずに写真や家具、デザインを中心に町おこしをしている自治体であるということに大変共鳴いたしました。また数年前に北欧家具を中心とした1300脚以上の椅子「織田コレクション」を公有化し、それを元に今後デザインミュージアムを作っていくという構想を持っており、私も何かの形でお手伝いできたらという思いもありました。

当たり前にあるものの価値

私は昨年11月から、東川と東京を行き来する二拠点生活をしております。これから20年後の生活はどうあるべきかを夫と考えた時に、東京にいればあまり変化のない生活であろうということが予想できました。まだまだ元気に暮していく中で、もっと新しいことにチャレンジしようと2人の意見が一致し、ご縁がありました東川町に家を建てることになりました。

「東川2M house」とは夫がつけてくれた名前です。2Mの2は私と夫の小石、Mはみんなという意味です。「2人とみんなの家」がこの家をプランニングするときの基本的な考えでした。多くの方に東川に来ていただきたいと思いましたし、東川での暮らしを経験していただきたいという思いから、ゲストルームを作り、泊まっていただけるような家にしました。東川と東京を行ったり来たりし始めて、東京にいた時には当たり前だと思っていたことが、それはとても恵まれた豊かなことであると気づきました。東川では一流のアートやコンサートに出会う機会は限られています。東京にいる時は東京でしか経験できないことをする機会が以前よりも多くなりました。一方で東川の美しい田園風景、これはなんと価値のあるものだろうと思います。しかし東川の方たちにとっては当たり前のもので、このことにあまり価値を見出していません。東川では、東京にはない自然と触れ合う生活を楽しんでいます。テラスで朝ごはんを食べ、その日咲いている野草を摘んで部屋に飾り、夜は外に出てゆっくり夜空を見上げる。星が綺麗だということに気づいたのもつい先日です。美しいものは突然そこに現れるわけではなく、ずっと美しいまま存在しているんですね。ただ人がその美しさに気づくかどうかだけだと思います。二拠点という常に視点を変える生活をすることによって、今まで気づかなかった美しいもの、当たり前にある美しいものに気づくことができたことが、二拠点生活の大きなギフトだったと感じています。

シンプルで清潔な暮らし

私は2003年から2016年までMODERN LIVINGの編集長でしたので、一日のほとんどを会社で過ごすような生活が長く続いていました。暮らしというものがなかったような気がします。東川に行くようになり、朝は早く起きて散歩や庭仕事をし、丁寧に朝ごはんを作ってテラスで食べ、リモートで仕事をし、夕方は夕日を眺め、簡単な夜ご飯を作って食べ、本を読んだりして夜は早く寝る、というシンプルですが丁寧な暮らしをしています。植えてあるバジルを摘んでジェノベーゼを作っていただく。特別なごちそうではありませんが、東京にいた時には心慌ただしくてできなかったことだと感じます。同じように仕事をしながらでもゆとりがあるのが二拠点生活のメリットで、なんでもない暮らしの中にあることを丁寧に感じていく時間の過ごし方が、「清潔な暮らし」という言葉に置き換えられるのではないかなと思います。

ゆるやかな家族

東川2M houseは昨年の3月に竣工しておりましたが、私の夫であります小石至誠は2019年に白血病を発症し、残念ながら昨年の10月に肺炎で亡くなりまして、東川に行くことは叶いませんでした。小石が逝ってから東京にいるのが大変辛く、早く東川に行きたいと思っていた時に、友人が東川の家を整えてくれ、11月から住み始めました。それから間もなくして、この家を作るにあたりお手伝いいただいた方や、多くの友人が泊まりにきてくれるようになり、誰かが来てくれることで食事もきちんとするようになりました。鳥の声や、川のせせらぎ、自然の音を聞きながらゆっくりと食事をすることがどんなに素晴らしいことか。そこには音楽でさえ必要ありません。非常に疲れていましたし、落ち込んでいましたけれども、私を支えてくれたのも、友人たちの想いと、ここでの時間、普通の暮らしであったと思います。

私はここで暮すようになって、一つの言葉をいつも自分に言い聞かせるようになりました。「少しだけ丁寧に」。大変なことをしようとは思いません。例えば朝ヨーグルトと果物を盛った器に、庭から一枝ミントを摘んでくるその手間を惜しまないでおこうと思います。少しだけ丁寧に暮らすことで、自分自身を大切にしているという実感を持つこともできますし、時間に流されずにいられるような気がします。

東川に住み始めて、延べ70人以上の方が家に訪れてくださいました。私がセミナーを開催したり、織田コレクションをお持ちだった織田憲嗣先生が椅子の日のセミナーを毎月14日に開いてくださって、それを聞きに毎月のように来てくださる方もいます。それにしてもこの10ヶ月間で70人の方が東川を訪れているということは大きなことではないかと思います。

2016年にMODERN LIVINGの編集長を退いた後、現在は全体を統括する発行人という立場にあります。2019年からインテリアのプロの会員さんが参加するMLクラブを主宰し、この2年半は毎月、オンラインでセミナーをお届けしております。MLクラブの一部の方とMODERN LIVINGが契約をして、お客様の家のインテリアを直接コーディネートさせていただくMLスタイリングというお仕事もしています。雑誌という仕事は間接的にしか皆さまの暮らしにメッセージをお届けすることができませんが、MLスタイリングではインテリアコーディネーターの方とチームを組んで、直接インテリアのお手伝いをさせていただいております。

織田コレクションの織田さんは、先日こんなことをおっしゃっていました。「人には人生の使命というものがある。私の使命は、20世紀の美しいデザインを後世の人たちに残していくこと。それが自分の使命だったのだということを今改めて思います。」使命という言葉に強く心を打たれるものがありました。私の使命はなんなのだろうと考えた時に、やはり美しく豊かな暮らし方を皆さまにお届けしていくことなのではないかなと思っております。

この二拠点生活で学んだことは本当にたくさんありますが、一つ一つの毎日の小さな時を重ねていく、それが人生になっていくのだということです。東京にいた時には流れていってしまう時間を、掴まえどころのないように思っていましたが、こうして二つの場所を行き来する中で、東京では都会の素晴らしさとそれを享受できることの有り難さを感じています。そして東川に戻るたびに自然の素晴らしさを再発見し、私自身何ができるのか、何をすれば日本の暮らしを美しくできるのかを日々考えています。

小石が亡くなる時、「もう結花の幸せだけが望みだ」と言ってくれました。東川と東京でいっぱい泣いて、いっぱい笑って、そして自分ができることはなんなのかを考えて、この東川という町とこれからの人生を重ねて生きていきたいなと心から思います。

本日はこのような機会をいただきまして、誠にありがとうございました。



▲ PAGE TOP