「楽しもうロータリー!ファインコミュニケーションで」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



卓話

2022年9月

卓話『日本のロータリー100年、そして未来へ』令和4年9月5日

RI第2750地区 山の手東G ガバナー補佐 渡辺 美智子様

RI第2750地区 山の手東G ガバナー補佐 渡辺 美智子様

皆さん、こんにちは!

ご紹介を頂きました、本年度・山の手東グループガバナー補佐を務めております、渡辺美智子でございます。本日は、例会に先立ちまして、クラブ協議会を開催頂きました。本年度のクラブ運営につきまし、活発にご発言を頂きました。しっかりガバナーにご報告をさせて頂きます。ご出席を頂きました、会長幹事さんをはじめとする、クラブ役員の皆様に厚く御礼を申し上げます。

ロータリー歴を、画面に記載させていただきました。

2004年、東京六本木ロータリークラブへ、チャーターメンバーとして入会致しました。クラブでは、クラブ幹事を務めた後、17‐18猿渡年度で、クラブ会長を務めました。地区へは、12‐13年度、佐久間年度で初めて出向し、水野年度、大槻年度で、地区研修委員を経験し、淺田ガバナー年度でも、お手伝いをさせて頂きました。昨年度は、ロータリーファミリー支援委員会で、初めて、青少年の様々なプログラムに係り、ロータリーファミリーの優秀さに大変、感動、致しました。

職業ですが、レストランを7店舗運営しておりますが、代表店舗が、こちらになります。どちらの店舗も皆様には、大変お世話になっております。ありがとうございます。上段2店舗、表参道と箱根仙石原が自社物件で、下段の2店舗が、歴史的建造物として行政が持っております建物をPFIにて、借受けて、建物を維持管理しながら、事業展開をしております。

ロータリーの話に戻ります。私達の地区は、日本のロータリー中で、リーディング地区といわれております、その中でも特に山の手東グループは、多様性に富んだ素晴らしいクラブの集まりです、2750地区の中心的なグループでは、ないでしょうか。歴代、素晴らしい指導力を備えたガバナー補佐の方々にご活躍頂きましたが、本年の私のスタンスと致しましては、11クラブ会長さんたちの応援団、相談相手、として、後方よりバックアップが出来れば、そんな気持ちで努めて参りたいと思っております。改めまして、宜しくお願い致します。

本日は、2020年に、100周年記念事業として制作したしました、「日本のロータリー100年の歩み そして未来へ」を改めて、見て頂こうと思い、持ってまいりました。私も、制作班の一人として加わりまして、日本全国に渡る「写真集め」を担当致しました、思い入れのあるビデオとなりましたが、その後、あまり日の目を見ず、制作者の一人として、是非、皆様に見て頂きたいと思い、用意いたしました。どうぞご覧ください。

ビデオ、いかがでしたでしょうか?

たった4人から始まったこの活動が、これほどまでに、世界中に浸透し、このような大きな組織になることを、ポールハリスは想像できていのでしょうか?ハリスは、1915年の「ロータリー誌2」でこう述べています。1905年ロータリーを創設して10年後のコメントです。

「今から、100年後のロータリーはどうなっているのでしょうか?生きている人には想像もつきません。現在のロータリアンにとって不可能はないのです私は、ロータリーは生き続けると信じています。生きているなら発展するでしょう」そして、日本のロータリー100年、そして、次の100年に向けて歩み始めました。同じように私達も、100年後は想像できませんが、ハリスが言うように、不可能はないのです

今を生きている私たちの、着実な一歩が、100年後につながると確信を致します

ロータリーは、次なる100年間を目指して、新たなビジョンを策定致しました。長期展望の立った、方向性を示す、新たなビジョンです。

「私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って。行動する世を目指しています。」またビジョンを達成するために2019年から5年間の活動を方向付ける、4つの戦略的優先事項が、示されました。

1.より大きなインパクトをもたらす
2.参加者の基盤を広げる
3.参加者の積極的な関りを促す
4.適応力を高める

ロータリーの創設者たちが推進してきた、ロータリーの中核的価値、ロータリーの目的、四つのテストは、ロータリアンの根幹をなす原則です。変えてはならない、そういった価値観に、新しいビジョンや行動計画が加わりました。私たちは、過去を振り返り、尊重しながら、未来に進んでいかなければならないと思います。

ジェニファー・ジョーンズ2022-23年度RI会長は、カナダ・オンタリオ州、ウィンザー・ローズランド・ロータリークラブ所属、1996年の入会です。ラジオ・テレビ番組や、企業の動画などを制作する会社を経営しております。夫のニック氏も、ロータリアン、第6400地区のガバナーノミニ―です。ジェニファー・ジョーンズRI会長が、示した本年度のテーマは、「イマジン・ロータリー」です。

ジョン・レノンの1970年の作品、「Imagine」の一節を書かせていただきました。ジョーンズRI会長は、こう呼びかけています

私達は、皆夢があります。そして、その夢のために、行動するかどうか決めるのも、私達ですロータリーが、ポリの根絶や、平和の実現と言った大きな夢を頂くなら、それを実現させる責任は、私たちにあります。ポリオのない世界を想像してください。みんなが安全な水を使える世界を想像してください。疾病のない世界、そしてすべての子どもが読むことのできる世界を想像してください。やさしさ、希望、愛、平和を想像してください。

だからこそ「イマジン・ロータリー」が、テーマとなります。

11月17日(金)私たちの合同例会にお迎えいたします。どんなお話が聞けるか、楽しみにいたしましょう。

2020年9月ロータリーは、DEIタスクフォースを設置致しました。

ロータリーで私たちは、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って、「行動する世界」というビジョンの実現には、「多様性があり、公平で、インクルーシブ(包括的)」な文化を担うことが不可欠であると言っております。この、「多様性、公平さ、インクルージョンの原則」が、ロータリーのあらゆる活動に根付くよう期待をされております。これは、新しい取り組みの様に聞こえるかもしれませんが、新しい考え方ではありません。第24回1933年のボストン国際大会で、ポールハリスは、こう述べています。「ロータリーの会員は、人生のあらゆる段階(職業や地位)にある人、すべての国、すべての宗教の人たちに開かれています。ここにこそ、ロータリーの特性と栄光があるのです。と述べております

そして、本年度、2750地区は、富澤為一ガバナーが、就任されました。

丁度、今年で70歳、「古希」をお迎えになりますロータリーへのかかわりは、19歳の時に入会されたローターアクトの活動から始まります。そして1993年、41歳で、東京品川ロータリークラブへ入会されました。「ロータリーを広げよう」本年度の地区のスローガンです。

三大研修の冊子に、ガバナーはこう書いておられます。

日本のロータリークラブは、100年の歴史を刻んできました。先人たちの素晴らしい発想と友情と繋がりで、次々と社会に良い変化をもたらし、世界に貢献してまいりました。しかし、残念ながら、ここ数年、会員の減少に歯止めがかかりません。クラブが5年後、10年後でも、生き生きと元気で活動し続けるには、新しい仲間を増やすことが不可欠です。それぞれのクラブが、将来どんなクラブになりたいのか、そのための「戦略計画」が重要である。そしてそれに基づいて、クラブ全員で実行することが大切だと、言っておられますガバナー公式訪問で、直接、お話を伺えればと思います。

3年に渡るコロナの影響で、ロータリー活動は思うようにいきませんでした、しかしこれを停滞ではなくロータリーにとって新しい世界を切り開くチャンスと捉えて活動しようでは、ありませんか。

大戦下の日本のリーダーたちの、それでもロータリーを続けてきた、たくましい歴史があります。七曜倶楽部の時も、多くの会員離れがあったにも関わらず、その「ともしび」は、消されることなく、存続させることで、RI復帰に繋げています。この逆境にひるむことなく、次の100年に向けての絶好の機会と捉えましょう。ロータリークラブは地域社会にとって、かけがえのない大切な存在だと思います。

最後に、ポールハリスは、1935年、こう言いました。

「世界は絶えず変化しています、そして私たちは、世界と共に、変化する心構えがなければなりません。ロータリーの物語は、何度も、何度も、書き換えられなければならないでしょう」

ご清聴、ありがとうございました



▲ PAGE TOP