「つなげようロータリーの 丸で囲んだ「わ」 ! 」(=和・輪)

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



卓話

2021年10月

卓話『データで知るロータリー』令和3年10月4日

国際ロータリー第2750地区 2021-22年度山の手東グループ ガバナー補佐 宮村 和加子様

国際ロータリー第2750地区 2021-22年度山の手東グループ ガバナー補佐 宮村 和加子様

メータRI会長の推進事項

今年度のシェカール・メータRI会長のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」
RI会長の推進事項の一つとは「世界のロータリーの会員数を130万人に」
次の4つのイニシアティブ
*女児のエンパワメント
*ロータリーの成長:Each One, Bring One(みんなが一人を入会させよう)
*ロータリー奉仕デー
*重点分野をテーマとする会長主催会議

地区の会員数を5,000名に

第2750地区は三浦眞一ガバナー、所属は東京八王子西ロータリークラブ
今年度の地区のスローガンは、「奉仕の心でつながろう 地域と世界と」です。
地区の重点目標は12項目(ガバナー公式訪問のときに、ガバナーから直接お話)
その一つとして2024年6月末までに地区の会員数を5,000名にするという目標をたてられています

山の手東グループ11クラブは622名

今日の卓話テーマは「データで知るロータリー」、ロータリーを数字によって纏めてみました。
皆様が所属されている山の手東グループ11クラブの会員数は現在622名。
2750地区は現在96クラブ、会員数は約4,500名。これを3年後まで5,000名に増やす目標。
日本全体には34の地区があり、クラブの数が2,223、会員数は約85,000名。
世界全体では、約200か国に534の地区がある。クラブの数は約37,000、会員数は約116万人。
メータRI会長は、これを130万人にする目標を立てられています。

2750地区は第2位

世界のどの地区にどれぐらいの会員がいるか。世界の中でアジアが全体の約33%、次にアメリカ・カナダ・カリブ海諸国で約28%、欧州・アフリカ・中東が約25%、中南米約8%、グレートブリテン・アイルランド約4%、オーストラリア・ニュージーランド約3%、という比率です。
日本国内には34の地区がありますが、我が2750地区は4,544名で、残念ながら第2位。1位は愛知の2760地区で、4,709名。3位は福井・京都・奈良・滋賀の2650地区で、4,353名です。

会員数は少しずつ減少

次に会員数の推移をご説明します。
世界の会員数は、2017-18年度に120万人に到達していましたが、残念ながらここ数年減少して、現在は約116万人まで減少。
地区でも2017-18年度から少しずつ減少し、現在は約4,500名。
我々の山の手東グループは、2019-20年度浅田ガバナー年度に会員拡大が進み、667名まで増えたましたが、その後3年間減少。

女性会員の比率

女性会員の比率は、山の手東グループで約18%、残念ながらこの数字は5年間伸びていません。
全世界の女性会員の比率は約24%。
2750地区は約12%で、約半分です。
2750地区の国内の8つのグループの中では、我々山の手東グループがトップ。
2750地区にはパシフィックベイスンのグループがありますが、こちらは約34%と非常に高い女性比率となっています。

外から見たロータリー

最後に、「外から見たロータリー」についてご紹介いたします。
世界15か国の一般の方々に対して、「どのような奉仕団体に入会したいか」という調査が行われました。また「ロータリーについて聞いたことがあるかどうか」も尋ねました。
回答者のうち74%の方が、「ロータリーについて知っている」と答えました。
世界の著名な社会奉仕団体としては、ユニセフ、ライオンズクラブ、ロータリー、YMCAなどがありますが、そのうち認知度としては、ロータリーは第3位でした。
課題も明らかになりました。「ロータリーとは自分たちのような人のための団体だと考えている」人は、たったの35%でした。「ロータリーがどのように世界でよいことをしているのか具体的なことは知らない」ということでした。
ロータリーは、人と人とのつながりに基づいた奉仕団体のパイオニアであるにもかかわらず、つながりを求めている多くの人にとって、選ばれる団体にはなっていないということです。
これはとても残念なことです。そのためには各クラブが取り組む会員増強や奉仕活動を通じて、世の中にもっとロータリーを知ってもらうことが重要になってきます。
私たちの周りには、社会に貢献したいという人がたくさんいます。ロータリーの活動を世の中にもっと知ってもらい、ロータリーのネットワークと絆で、世界で良いことをする行動人の仲間を増やしていきましょう。

データで知るロータリー

※画像をクリックするとPDFが開きます。

卓話『バギオ基金にご理解を』令和3年10月11日

一般財団法人 バギオ基金 淺田 豊久会長

一般財団法人 バギオ基金 淺田 豊久会長

1903年(明治36年)ロータリーが出来る2年前、日本人125名を載せた東洋汽船の香港丸と言う一隻の客船がフィリピン・マニラ港に錨を降ろしたのが始まりです。バギオ山頂に続くベンゲット道路は,大変な難工事で、なかなか進みませんでした。そこで、日本人がまじめで勤勉なのを知り、労働者を募集したのです。50メートルに一人、人柱が出来るほどの難工事でしたが無事完成し、残った人達は現地の人と結婚したりしてフィリピンにしっかり根をおろし、各地に豊かな邦人社会を形成しました。延べ2,000人の日本人労働者が工事に関係し約700人の人が犠牲になったと言われています。

戦争前の日本とフィリピンは、お互い手を携えてフィリピンの道路、橋、水道、電力、教育などに手を携えて国作りをして来ました。ところが1941年12月に始まった太平洋戦争は両国の関係を見事に敵と味方に分けてしまったのです。

太平洋戦争が終結して今年で76年になります。

太平洋戦争の時、日本軍はフィリッピンに60万人が上陸しました。生還したのは10万人でした。その最後の激戦地がバギオであった訳です。バギオには日系フィリピン人が大勢いたので、壊滅直前の日本軍は、日本語が出来、日系人である彼等に協力させたのです。

そして、戦争が終結した1945年8月を境に両国の関係は悲惨な傷跡として残りました。日本軍の敗戦後、彼等日系フィリピン人は、日本軍に協力した事で現地住民の迫害を受け、自分が日本人であることをひた隠しに隠し、バギオ山中に逃げ込んで生活をしていました。それをバギオに赴任したシスター テレシア海野が知り、自ら山中に分け入り一人一人救出されたのです。救出された日系人も山中に住んでいたのですから、学校はありません。彼等の一番の希望は自分たちの子供を学校に入れ、教育を受けさせる事でした。

シスター テレシア海野は「比国、バギオの子供達への教育」をテーマに、悲惨な環境下に陥った日系の子供達を山の中から救い出し、食べるものを与え、学校に行けない子供達への支援を続けていました。

今からちょうど40年前にそれを知った当時のロータリー258地区の先輩達は、シスター海野のがんばりをいくらかでも支援しよう、「これこそロータリーの奉仕のテーマだ」と声が上がりました。竹田恒徳初代名誉会長(東京北RC)、服部禮次郎会長(東京銀座RC)をリーダーに全国のRCに声をかけたのでした。国内34の地区から理解を得て、賛同戴き1981年9月に「バギオ基金」が設立されたのでした。それ以来40年、ロータリー活動の日本を代表する組織と運動と実績を誇る団体となり、2009年7月1日より、「一般財団法人比国育英会バギオ基金」となったのです。

10周年、15周年、20周年記念の後5年おきに周年祝賀行事を行い、フィリピン政府からは大統領から表彰状を授与され日本国外務大臣からも感謝状を授与されるなどロータリーの活動として世界レベルの国際支援事業を評価されたのでした。

具体的には
奨学金の授与(大学、高校への授業料の贈呈送金)
留学生への支援(学生の目的に叶った学校へ推薦、生活に必要な資金援助等々)
【奉仕事業の概略(基金創立以前の4年を含む)】

1.奨学金の提供額 581,100ドル+380万円
2.現物提供 学用品、衣類等を訪問の都度提供
3.バギオ訪問事業 実施39回 参加延人員1,267名
4.対象奨学生 3,674名
5.対象奨学生の進路
 医師、看護婦、弁護士、公務員、軍人、建築士、秘書、農業、電気・電子、コンピューター、自動車、商業、教育等の各分野。
6.受入留学生(2008年4月より) 14名
 敦賀短期大学、京都ノートルダム女子大学、(学)石川学園専門学校大育、沖縄JCS学院、亜細亜大学卒業生は、介護福祉士・看護師・調理師の資格を取り日本で就職。または語学力を生かし日本やフィリピンの日本企業に就職。

今後ともバギオ基金へのRC、ロータリアンからのご理解、ご協力を切にお願いします。

ありがとうございました。

【バギオ基金の概要】

≪基金事業の目的≫
本会は、フィリピンにおける日系及び一般青少年のために、育英資金を提供しその勉学を援助、日本への留学を支援すると共に、併せて日比両国の親善友好を増進することを目的とする。

≪基金事業の内容≫
1.育英資金の原資を確保するために、本会設立の趣旨に賛同する後援者等の増強を図り、寄付金の募集に努める。
2.寄付金の保全及びその運用によって、育英資金の増大を図る。
3.育英事業と日本への留学を援助するためフィリピン側との連絡を密にし、その適切な実施に努める。
4.日比両国の親善友好を増進するため、必要な各種活動を行う。
5.前各号に付帯する必要な事業。

≪基金の現況≫(2018年6月30日現在)
1.基本財産額(2009年財団設立時)259,341,977円
2.基金構成
 後援・関係ロータリークラブ 385クラブ
 後援・関係地区 34 全地区
 後援者数 4,017名
3.基金の提携先
 バギオ・ロータリークラブ
 バギオサマーキャピタル・ロータリークラブ
 (財)北ルソン比日基金



▲ PAGE TOP