地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「和気藹々」―笑顔で元気に六本木らしく―

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



卓話

2019年4月

卓話『私とポリオ、今私にできること。』平成31年4月1日

ポリオの会 世話役 丸橋 達也様

ポリオの会 世話役 丸橋 達也様

私は1965年の9月に、東京都昭島市に誕生しました。翌年4月、ポリオの生ワクチンを集団で接種しました。母子手帳を確認すると、生ワク投与、41年4月20日昭島市長と記載がありました。これが私の運命の日でした。

5月の初節句を迎え、母が私のおむつを取り替えようと足を持ち上げたところ、力なく垂れ下がってしまい、明らかにおかしかったということです。またその前に熱を出し、その後の麻痺であったので、慌てて病院を受診したところ、便の中からポリオウイルスが検出され、ポリオであることが判明しました。隔離病棟に緊急入院をし、面会も満足にできない状況で、母の記録には「5月から7月の2ヶ月間入院をし、久しぶりに会いに行ってもキョトンとした顔をしていて、父としても母としても辛い時期でした。」とあります。その後、足に麻痺が残ったまま退院をし、ポリオと付き合いながら幼少期を過ごしました。

小学校に入学する際、普通の学校には入学ができないという案内が届きました。納得のいかない母は教育委員会に何度も出向いて戦い、普通の学校に入学しました。しかし他の子とは違うことで好奇の目に晒され、嫌な思いをたくさんしたことを覚えています。母が毎朝学校まで送り届け、学校に入る時には松葉杖の先を拭いてくれました。そんな中で普通の子と同じように学生時代を過ごしてきました。

25歳の時に結婚をし、3人の子どもに恵まれ、このまま順風満帆に生活をしていけると思っていた矢先、40歳で身体に異変が起き始めました。なんともなかった右足にも力が入りにくくなり、身体のあちこちに異変が生じるようになり、自宅で転んだ際に右足の腓骨を骨折しました。両足が不自由な状態になり、入院生活を余儀なくされました。その時は原因がわかりませんでしたが、インターネットを通じてポリオの会を知り、小山代表と出会い、紹介いただいた病院で「PPS・ポリオ症候群」という診断を受けました。

それまで、自分がポリオだということを理解はしていましたが、全く意識の中にありませんでした。ポリオの会の会員の方はほとんどが野生株という自然の中で感染した方でしたが、私の場合は集団接種によるワクチン由来のポリオです。ポリオの会で話をしていくうちに、ポリオには不活化という安全なワクチンもあるが、日本ではそのワクチンを定期接種の中には取り入れていないということが分かりました。私のような人が毎年のように出続けているのに、なぜ生ワクチンを続けているのか。その答えを教えてくれる人はどこにもいませんでした。そこから私は小山代表と一緒に、今私にできることとして活動を始めました。

厚生労働省へ不活化ワクチンへの切り替えを求める陳情に何度も行きました。また、正しいワクチンを求める人たちが集まって呼びかけを行ったり、ポリオを知らない医師が多い現状の中で、医療関係の方が集まる会に参加し、ポリオを忘れないでくださいと訴える活動も続けてきました。そして罹患している小さな子どもが将来ポリオのケアが受けられるようにする為の活動もしてきました。活動が実り、2012年9月に生ワクチンが廃止され、不活化ワクチンに切り替わりました。その後11月から現在まで、4種混合として導入されています。

ユニセフのポリオ撲滅を目指す議員連盟に呼んでいただいた際、先生がおっしゃっていました。昭和55年の一例を最後に、現在まで野生株によるポリオウイルスによる新たな患者は出ていません、と。しかし55年以降にポリオ患者が出ていないわけではなく、ワクチン由来のポリオ患者はまだ日本にたくさんいるのだということを忘れないでほしいと思います。よく、ワクチンが不活化になって良かったね、と言われます。ポリオがもう終わって良かったね、と。しかしポリオは世界で数パーセント残っています。根絶をしない限り、いつ燃え上がるかわからない状況です。ロータリークラブの活動により、野生株の撲滅が達成されたとしても、まだ生ワクチンを使っている国はたくさんあります。正しいワクチンを正しく使うという知識が必要です。

今罹患している子ども達がいます。将来、私と同じようにPPSによって新たに麻痺が起き、身体に痛みが走り、動けなくなる時のことを考えると、あと何年か早く活動をはじめていたら、子ども達を救えたのではないかと、苦しく思います。ポリオは終わっていません。この世からポリオの発生がなくなったとしても、私たちポリオ患者にとっては、生きている限り、撲滅ではないと考えています。ポリオの最後の患者が息を引き取った時にはじめて、ポリオがこの世から消えるのだと考えています。ポリオを決して忘れてほしくない、そういう思いで活動をしています。

ロータリークラブの活動は、私たちにとってとても頼もしく、救われています。本当に感謝しています。

「ポリオと私。今私にできること」。幼少期、母が盾になって私を守ってくれたから、今の私があります。経験を活かし、たくさんの方に支えていただきながら、そして皆さまのお力をお借りしながら、今後も活動していきたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

卓話『小さな親善大使』平成31年4月15日

青少年交換留学生 タリア様

青少年交換留学生 タリア様

今回地区青少年交換委員会から今年度交換留学生としてメキシコから派遣されたタリアさんが「小さな親善大使」として六本木RCに来てくださいました。

ホストクラブは東京西南RC、現在堀越学園通っています。

今回は画像と一緒に母国メキシコについてや、文化、生活、家族についてお話くださいました。一年間の留学なので7月にはもう母国へ帰国されますが、また日本に勉強に来たいとおっしゃってました。コスプレやアニメが好きな明るいお嬢さんでした。

(記:齋藤会長)

卓話 小さな親善大使

※画像をクリックするとPDFが開きます。

友人との写真
家族の写真


▲ PAGE TOP