地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「Enjoy 例会!Enjoy 奉仕!Enjoy Rotary!」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



クラブ概要

イベントの概要

目的

国際ロータリーの創立記念日である2月23日には毎年世界中の有名建造物に「END POLIO NOW(今こそポリオ撲滅のとき)」のメッセージがライトアップされます。
このイベントは、「ポリオ根絶の近い今この時こそポリオ撲滅のための協力と理解が必要である」というメッセージを発信し、広く一般の人々の認識を向上させることを目的としています。
2012年2月20日、東京六本木ロータリー・クラブは、東京で初めて『END POLIO NOW』のメッセージを六本木ヒルズに投影しました。

概要

イベント実施日 2012年2月20日
キャンペーン期間 2012年2月13日〜2月20日
イベント開催場所 東京都港区六本木 六本木ヒルズ66広場及びその周辺
イベントの内容 六本木ヒルズ森タワー及びハリウッドプラザ壁面への「END POLIO NOW」のロゴを投射(18:00-21:00)
イベント参加者 一般市民を含む300名余
主催 東京六本木ロータリー・クラブ
共催 国際ロータリー第2750地区山の手東グループ
東京西ロータリー・クラブ
東京城西ロータリー・クラブ
東京西南ロータリー・クラブ
東京原宿ロータリー・クラブ
東京杉並ロータリー・クラブ
東京神宮ロータリー・クラブ
東京恵比寿ロータリー・クラブ
東京広尾ロータリー・クラブ
東京渋谷ロータリー・クラブ
後援 厚生労働省
東京都
港区
東京商工会議所港支部
社団法人東京都港区医師会

ロータリーとポリオ撲滅

◆ポリオという病気を知っていますか?

ポリオ(脊髄性小児麻痺)は、身体麻痺の後遺症をもたらし、時として命さえも奪う伝染病です。5歳以下の小児の罹患率が90%以上と高く、発症した場合の治療法はほとんどありません。1988年には世界125カ国において年間35万症例が報告されていましたが、ポリオワクチンの接種による予防が有効で、2009年には約1600症例と20年間で99%が減少しました。日本では1981年以降ポリオの発生はなく、2000年に国内でのポリオ根絶を発表しました。

現在、ポリオの常在国はインド、ナイジェリア、パキスタン、アフガニスタンの4カ国のみで、そのうちのインドでは2011年1月13日以降1年間、ポリオの新たな患者が出ていません。しかし、2011年に常在国4カ国の周辺17カ国において渡航者による飛び火が原因と考えられるポリオ症例が報告されていますので、ここでポリオ根絶に向けた取り組みを加速させなければ、子供たちの健康を護ることができません。

◆何故、2月20日に「END POLIO NOW」のロゴを投影したのか?

国際ロータリーのポリオ撲滅の活動は、1979年のフィリピンの600万人の子供へのポリオの予防接種から始まりました。1985年にロータリーの最大プロジェクトとなる「ポリオ・プラス」を開設し、以来20年以上にわたり、8億米ドル以上の寄付を集め、全世界で20億以上の子供たちにワクチンを接種してきました。

2月23日は、国際ロータリーの創立記念日です。国際ロータリーは、その創立記念日を挟む週に世界中の有名建造物に「END POLIO NOW」(今こそポリオ撲滅の時)のメッセージを投影し、「ポリオ撲滅とのロータリーの闘い」を分かち合い、改めてポリオ撲滅への気持ちを高めていこうとしています。

東京六本木ロータリー・クラブはこの趣旨に賛同し、東京で初めて、メッセージを投影しました。

国際ロータリーのボリオ撲滅への活動についての詳細は、国際ロータリーのWebサイトをご覧ください。



▲ PAGE TOP