地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「Enjoy 例会!Enjoy 奉仕!Enjoy Rotary!」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

Enjoy 例会!Enjoy 奉仕!Enjoy Rotary!
東京六本木ロータリークラブ会長
平成29年7月24日発行 第528号
2017・2018年度 No.3

本日のプログラム
平成29年7月24日
卓話 「日動画廊と藤田嗣治」
株式会社日動画廊 代表取締役社長
長谷川 德七様
場所 グランドハイアット東京

プロフィール

株式会社日動画廊代表取締役社長
公益社団法人日動美術財団 笠間日動美術館 理事長

【経歴】
1964年 慶応義塾大学法学部政治学科を卒業
     住友銀行東京支店に入行
1965年 同行を退行し日動画廊に入社
1976年 株式会社に日動画廊代表取締役社長
1977年 公益社団法人日動美術財団 笠間日動美術館 理事長
     全国洋画商連盟会長、全国美術商連合会会長を歴任。
1979年 芸術文化勲章オフィシェ
1998年 芸術文化勲章コマンドールをそれぞれフランス政府より受賞

クラブからのお知らせ平成29年7月10日

渡辺会長挨拶

クラブ会員の皆様、こんにちは。九州北部の記録的な豪雨で、甚大な被害が報道されております、ご関係先がいかがでしょうか?被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。東京も水に大変弱い都市です。今一度、ハザードマップ等を確認し、備えて頂きたいと思います。

猿渡ガバナー年度初の、「ガバナー月信7月号」が配信されました。既に会員の皆様にはご報告申し上げました、地区目標など詳しく書かれておりますのでご一読ください。また、米山功労者の紹介欄に、当クラブ会員11名のお名前の記載がございます。また、マルチプル・ポールハリスフェローに浅田さんが認証されました。皆様のご協力に感謝申し上げます。本年度も、引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

また、地区奉仕委員会より「奉仕のかわら版その1」と題しまして、地区内共同奉仕プロジェクトの情報が取り上げられております。

先週は、7月6日(木)に広尾ロータリークラブのスタート例会に参加して参りました。会員数20名足らずのアットホームで国際色豊かなクラブです。また7日(金)は、私たちの親クラブである西ロータリークラブのスタート例会に安部幹事と参加して参りました。180名を超える大きなクラブで60年続く歴史あるクラブです。

また、同日15時より、「クラブ米山記念奨学委員会セミナー」へ門田米山委員長と参加をして参りました。米山学友会の活動の報告や、寄付目標への推進の理解を深めて参りました。11月20日の米山担当例会で、改めて取り上げたいと思います。本日は、各委員会の活動方針のご報告です、各委員長の皆様どうぞ宜しくお願い致します。

(記:渡辺会長)

幹事報告

安部幹事がご欠席の為、代理でご報告させて頂きます。

1.7月の例会の件

7月17日(月)は、祝日(海の日)で休会。
7月24日(月)は、卓話に日動画廊の社長、長谷川徳七様。
7月31日(月)は、産経新聞社編集委員の矢板明夫様の卓話がございます。

皆様のご出席を宜しくお願い致します。

2.ロータリ-財団より、ベネフェクタ-の認証を角山一俊直前会長が受けられました。当クラブでは、4人目。

ベネフェクタ-の認証

(記:柏原副幹事)

各委員会挨拶

クラブ運営委員会挨拶
齋藤委員長

こんにちは。クラブ運営委員会委員長を仰せつかりました齋藤でございます。
クラブ運営委員会は、ロータリーの活動の中心となる例会を支える
・プログラム委員会
・親睦活動委員会
・ニコニコBOX
の3委員会をサポートいたします。

① プログラム委員会は、苅田委員長を中心に委員経験のあるメンバーの皆様が一丸となって例会時の卓話でお話くださる方々を厳選してくださると大変期待しております。もう前半の卓話予定者がほぼ決まっており、とても楽しみです。また今年度は、今まで以上にRI の強調月間も意識しその関連する内容の卓話や、関連する人物をクラブにお招きすることもしていきたいと考えております。

② 親睦活動委員会は、片岡委員長を中心に一年間楽しい例会と楽しい夜間例会を企画していただけると確信しております。角山直前会長は「ロータリーで友情を育もう」と月に一度なにか企画をたて懇親を深めようと計画し実践されました。渡辺会長もその意志を受け継ぎ、楽しい企画をどんどん企画し実行できるものはしていこうと言うお気持ちでいらっしゃいますので、会員の皆さまも参加し友情の絆をなお一層太くして参りましょう。

③ ニコニコボックス委員会は引き続き末松委員長が指揮を取ってくださいます。ニコニコボックスは日本で始まりました。最初は罰金箱だったそうです。それを逆の発想で、会員や会員の家族、また会社等でのお祝いごとや嬉しかったこと楽しかったことをニコニコ顔で寄付をして皆さんにお知らせし、喜びを分かち合う。また失敗したり、迷惑をかけたりした時もユーモアを持って苦笑いしながらも皆さんに披露し、例会をにぎわせて親睦を増進する目的としました。物静かな末松委員長ですが、目標金額をシビアに計画されていてクラブに貢献してくださっています。

今までに一度もニコニコをされていない方もいらっしゃると思いますが、ぜひ今年度はふらりとニコニコボックスのテーブルにおかけになり、世間話などしながら一言メッセージと寄付をしてみては如何でしょうか?もれなくニコちゃんシールがもらえます。ご協力をお願いいたします。

最後に「Enjoy ?」と聞かれたら・・・皆さんでEnjoy!!!と「GOOD!!」の合図をして答えてくださいね!!!この一年楽しみましょう!!

(記:クラブ運営委員長 齋藤)

プログラム委員会挨拶
苅田委員長

プログラム委員会の主たる任務である例会の卓話者の手配に関し、年間を通じて会員の関心に合致する卓話者が得られるように最善を尽くす所存です。具体的には各委員の推薦を基本としますが、同時に会員各位のご意見も非常に貴重ですので、随時委員会にご意見や提案をお寄せ下さい。内容としては、政治、経済、文化、社会等広い分野で是非この人のお話をと思われる人を広くバランス良く集めるとともに、会員の皆様の卓話、ロータリーに関連した卓話なども積極的に取り込みたいと思います。皆様のご協力をお願いします。

(記:プログラム委員長 苅田)

親睦活動委員会挨拶
片岡委員長

本年度の当クラブはEnjoy例会!Enjoy奉仕!Enjoy Rotary!がテーマであり会員相互の親睦を深めるため渡辺会長の方針に基づき、活動を行って参ります。例会場へは5分から10分早く集まって会員相互の親睦を図りたいと考えております。また例会に参加されるメーキャップの方やゲストの方を温かくお迎えし、名刺交換等積極的に行います。

9月には箱根でゴルフ同好会を拡大し、ゴルフ会とバーベキューを行う予定です。

11月には卓話でワインのお話をして頂き、その後にワイン会を開催する企画をワイン同好会の方にお願いしております。秋には上高地帝国ホテルの一泊旅行も行う予定であり、様々な企画を通して会員同士の親睦を深めて参りたいと思います。また会員増強・退会防止に繋がるよう魅力ある楽しいクラブを目指して参ります。

(記:親睦活動委員長 片岡)

ニコニコBOX委員会挨拶
末松委員長

2016‐2017年度実績超えを目標に、全員一丸となって、一人でも多くの方々に、一回でも多くの機会に、気持ち良くニコニコBOXに参加して頂けるよう、メンバー全員で、ニコニコ活動に努力をいたします。

(記:ニコニコBOX委員長 末松)

広報委員会挨拶
安井委員長

今年度の広報委員会は渡辺会長の指針にある10月23日の「世界ポリオデー企画例会」の開催に於いて、ロータリー財団委員会と協力して、ロータリーのポリオ撲滅事業の認知度を広報すると共に、ポリオ・プラスへの寄付の理解を深めることに努めたいと思います。

(記:広報委員長 安井)

広報・週報委員会挨拶
髙栁委員長

渡辺会長及び安井広報委員長の方針に沿ってホームページの充実をはかるとともに、会員の方々の要望を積極的に取り入れて、会員相互の親交を深められる週報にしていきたいと考えております。また、クラブ内のみでなく広く六本木RCの活動が伝えられる広報活動を行うこととして「世界ポリオデー」が10月24日であることを受け、10月23日の例会を「世界ポリオデー企画例会」とすることを検討いたします。これにより、ロータリーのポリオ撲滅事業の認知度を広報すると共に、財団委員会と協力してポリオ・プラスへの寄付の理解を導くことができればと考えています。また、今年度も引き続き、ホームページ内にID、パスワード管理による、会員専用情報ページなどの新設を検討してまいります。

今年度、広報・週報委員のメンバーは、私、髙栁 公康と、副委員長の鈴木聡子さん、石田ザッカーリーさん、角張敏郎さん、片岡雅敦さん、カトーエミイさん、中川勉さん、小笠裕子さん以上のメンバーで頑張ります。

(記:広報・週報委員長 髙栁)

会員組織委員会挨拶
篠塚委員長

会員組織委員会は

① 会員増強・退会防止委員会
② ロータリー情報委員会
③ 会員選考委員会

上記3つの委員会をまとめ、六本木ロータリークラブの会員基盤の強化を図り、クラブ活性化に努め、今後の発展に努力致します。

特に会員増強については、各委員長さんと協力し努力致します。

(記:会員組織委員長 篠塚)

会員増強・退会防止委員会挨拶
今村委員長

渡辺会長の方針、篠塚会員組織委員長の方針に従い、六本木RCの活動が円滑に進み、Enjoyの輪を広げるためにも当クラブに相応しい人格を持ち、クラブの維持発展に貢献して頂けるような方々の発掘に努め、入会につながるように働きかけを行います。具体的には先ずは3名の会員増強を目標に進めます。皆様のお力添えをいただけますよう、お願いいたします。

また、今年度のコンセプトであるEnjoy例会!Enjoy奉仕!Enjoy Rotary!の実現に貢献し、退会防止にもつながるよう努力いたします。今年度の当委員会のメンバー、安間百合子副委員長、石上和敬さん、日下部真治さん、三田大介さんと力を合わせて活動いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

(記:会員増強・退会防止委員長 今村)

ロータリー情報委員会挨拶
秋津委員長

国際ロータリークラブや、第2750地区のHP等からの情報収集を行い、会員への提供に努めます。e-ロータリーについてもご紹介をしていきたいと思います。新会員に対し適切な理解が得られるよう「5for1」を通じて情報を伝えていくお手伝いをいたします。

その他、会長幹事、委員会からの要請に応じ情報の整理、保管、発信に努めますので、ご協力をお願いいたします。

(記:ロータリー情報委員長 秋津)

会員選考委員会挨拶
安井副委員長

浅田会員選考委員会委員長がご欠席のため、是非「活動方針」をお読みいただきたいと思います。ここ数年の傾向で、六本木RCには「自薦」や、他クラブからの推薦のお問い合わせが多くなっておりますが、何といっても当クラブの会員の方のご推薦が一番と思いますので皆様のご協力をよろしくお願い致します。

(記:会員選考副委員長 安井)

社会奉仕委員会挨拶
森委員長

本年度も従来続けてきました六本木ヒルズ自治会に協力した六本木クリーンアップ活動を継続してまいります。より多くの会員の方のご参加を期待し、働き掛けをしたいと思います。毎月第3土曜日、朝9:00~1:30まで

六本木ヒルズ66プラザ蜘蛛の彫刻前に集合です。

(記:社会奉仕委員長 森)

国際奉仕委員会挨拶
山口委員長

クラブ創立10周年記念事業としてスタートした「ミクロネシア短期大学学生の教育支援」を本年度も継続させていただきます。昨年度の作文コンクールの結果により来日したミッチェル君は、大変素晴らしい体験をしたとのことで、これからの人生にもいい影響があると考えております。8月21日の例会では本プロジェクトにご協力を頂いております、麗澤大学外国語学部教授 成瀬猛 先生に卓話をして頂く予定です。海外支援経験の豊かな方ですので、当クラブにも有益なお話が聞けると思いますので、是非ご出席いただけますようにお願い致します。また、「ケニヤの井戸掘り事業」もロータリー財団からの財政支援が決定しており、今年度も皆様のご協力を仰ぎながら国際奉仕を進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い致します。

(記:国際奉仕副委員長 山口)

青少年奉仕委員会挨拶
柏原委員長

青少年奉仕委員長を拝命頂き、次代を担う青少年の育成を図る為、下記の諸活動をと取り組んでいきます。

1.都立高校への「インタ-ンシップ制度」の活動強化
この活動は、都立高校に対して東京六本木ロ-タリ-クラブ会員企業においての短期の職業体験をさせ、これを通して働く事、職業に対する意義を認識させることを目的としている。今年度は、活動の趣旨を理解し、積極的に受け入れ企業を拡大する。

2.「ライラ」の活動強化
ライラは時代を担うリ-ダ-の育成を目的とする活動であり、20才~30才の学生及び社会人を対象に2泊3日の合宿訓練を実施。具体的には、リ-ダ-となるべき可能性を発見するチャンスを与える等。

4年前に同じく青少年奉仕委員長を拝命。武蔵野の学生と共に研修に参加。研修の内容も濃く、気がつくと、研修は講師の熱い思いと研修生が一体化し、話を聞いて、ワクワクとしました。

皆様のご子息様、企業のリ-ダ-となるべきロ-タリアンへと繋ぐことが出来ればと思います。是非、ご推薦を御願い致します。

一年間どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

(記:青少年奉仕委員長 柏原)

ロータリー財団委員会挨拶
山本委員長

これまで以上にロータリー財団の活動内容や意義について当クラブ会員の理解を深めたいと思います。具体的には地区のメンバーによる卓話や寄付を募る際になるべく多くの会員に対して寄付の背景や使途の説明を行う等を検討しています。年次基金については会員1名150ドル以上、クラブ寄付総額の前年度実績比10%アップ、恒久基金についてはベネファクター1名以上、ポリオ・プラス基金への寄付については1,000ドル以上、との地区の目標については必ず達成したいと思います。10月23日に予定されている世界ポリオデーの企画例会では、ポリオ撲滅事業の認知向上に努めるとともにポリオ・プラスへの寄付を促進したいと思います。また、今年12月に予定されている東京サンライズ汐留ロータリークラブ主催のポリオ撲滅チャリティコンサートに参加し財団への寄付を促進したいと思います。

その他地区補助金やグローバル補助金の活用についても可能な範囲でクラブ内で検討できればと考えております。

(記:ロータリー財団委員長 山本)

米山記念奨学委員会挨拶
門田委員長

米山奨学制度で巣立った多くの学生が日本と世界の懸け橋となり、日本の為、世界の為の国際平和の推進に大きな貢献をしております。
今日は、

1 米山委員会で出会った学友の姫さんに感動したお話をさせて頂きます。
 姫さんは中国に法律事務所を構えている弁護士です。東大在学中の2年間、奨学金をいただいて勉強に集中することができました と話されていました。日本との関係が悪い数年前のこと、日本車を襲ったり、国旗を焼かれたり、日本人顧客の生命の安全も脅かされそうな時、姫さんの法律事務所が日本の方々を守り通した話です。中国で法律事務所を経営しているので、もし日本人の味方をしたら会社が潰れてしまうかもしれない。社員に相談したところ、正しいことは正しいと、潰れる危機はあっても日本の為に力を貸したいと申し出てくれたそうです。
 姫さんの日本での米山奨学生の話が中国人全社員の協力に繋がったのだと思います。

2 寄付金目標額は1,020,000円ですので、50人で割ると1人2万円以上ご寄付をお願い致します。

3 集金のお願い
 11/20に米山奨学生をお招き致しますので、その前後に会場で集金させて頂きます。

(記:米山奨学委員長 門田)

海上自衛隊横須賀基地見学報告平成29年6月29日

角山年度最後の親睦活動委員会は、梅雨の合間の晴れわたる日6月29日木曜日に海上自衛隊横須賀基地での研修会を行いました。

電車組も車組も横須賀駅で、お迎えの自衛隊車で、基地入門もスムースに、先ずは会議棟へ、そちらで海上自衛隊の任務と安全保証環境におけるわが国の現状等のレクチャーを受けました。佐々木一等海佐(昔の海軍式階級では大佐)自らレクチャーくださいました。その後、護衛艦見学までの時間基地売店にてお買い物タイム。みなさま色々な種類の海軍カレーや、カレーマドレーヌなどを買っていらっしゃいました。それぞれの艦艇のカレーがあり海自カレーグランプリに輝いた牛すじとイカ墨のカレーが大人気でした。いよいよ、護衛艦やまぎりへ、乗組員のお迎えのもと先ずは艦橋から。艦長の席に座ったり、操舵のお話を聞いたり。そのあとは上のデッキへ出たり、下のデッキでは迎撃ミサイルや、搭載されている兵器の説明などおききしました。一分間に200発うてる砲や、対魚雷ミサイルなど機密すれすれのご説明をしていただきました。一時間以上たっぷりの艦艇見学で、みなさまお写真撮ったり担当の方に質問したりと大変楽しまれたようです。門田さんは見学中、副官の様にお荷物を持ってくれた自衛隊員に感激していらしゃいました。そして最後は巡視艇で基地を海上から見るツアーです。米軍基地のそばを通り、自衛隊の潜水艦を見たり、自衛艦隊司令基地のある船越地区までまいりました。自衛艦隊司令は昔でいう連合艦隊です。

艦艇見学1

すでに除籍になった木製の掃海艇などの横を通るなど、お天気も良く波もなく最高に気持ちの良い興味深いクルージングでした。貴重な経験で参加者みなさま大感激でした。お世話になりました海自の皆様ありがとうございました、また横須賀線チームの、切符やお弁当のご手配をしていただいた谷口さん、ありがとうございました。

艦艇見学2

(記:天野会員)

ニコニコBOX情報

三吉廣明(東京RC)さん

渡辺会長ご就任誠におめでとうございます。東京JC97年卒業大島博会長(日本橋RC)はじめ同窓一同、一手間のご健闘を心よりお祈り致します。

森 佳子さん

渡辺会長、安部幹事、今年一年どうぞ宜しくお願いいたします。

芹澤 ゆうさん

今月終わりのほうで、かんれきの一年手前の年になってしまいます!少し人生のことをまじめに考えなくては。

末松 亜斗夢さん

本年度もニコニコボックスをよろしくお願いします。

杉本 潤さん

渡辺会長、安部幹事、一年間よろしくお願いします。

宇佐見 千嘉さん

本年度会長渡辺様、幹事安部様、各委員の皆様何卒よろしくお願い申し上げます。

渡辺 美智子さん

本日は、各委員長さんのあいさつです、宜しくお願い申し上げます。

山中 祥弘さん

渡辺会長年度エンジョイしましょう。

山口 富久さん

暑中お見舞い申し上げます。

7月10日 合計 43,000円 累計 128,000円

7月10日のお食事

7月10日のお食事

7月10日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 30名(67%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 1名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成29年7月31日
卓話『習近平政権と日中関係』
産経新聞外信部 次長 矢板 明夫氏様
場所 グランドハイアット東京



▲ PAGE TOP