地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

ロータリーで友情を育もう
東京六本木ロータリークラブ会長
平成29年6月5日発行 第522号
2016・2017年度 No.39

本日のプログラム
平成29年6月5日
卓話「私の夢~難民や移民の子どもの保護とエンパワメントを目指して~」
2017-18年度グローバル補助金ロータリー奨学生
中谷 菜美様
場所 グランドハイアット東京

プロフィール

【経歴】
2012年3月
筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類卒業
2012年4月
日本赤十字社 東京都支部 青少年ボランティア課
2014年4月
日本赤十字社 本社 国際部 開発協力課

クラブからのお知らせ平成29年5月29日

角山会長挨拶

3週連続で、会長挨拶の中で、北朝鮮のミサイルが打ち上げられ、我国を取り巻く安全保障の状況には、危惧すべきところがありますと、申し上げることになろうとは、思いませんでした。本日未明のミサイル打ち上げは、国際社会の警告、取り分け米国の強い威嚇が利いていないことを示していますね。本当に、これからどうなっていくのか、懸念されます。

もう一つ、この週末の国際的ニュースは、G7での自由主義経済の先進国首脳会談でした。アメリカのトランプ大統領は、G7初登場でしたが、他の首脳陣が振り回されっぱなしで、首脳たちが報道機関の前に進み出るときに、確か主催国の首相を押しのけて前に出てきたシーンを皆さんご覧になったでしょうか?アメリカ・ファーストならぬミー・ファーストを地で行くシーンで、トランプさんらしいと言えば、そうでしたね。

国内では、本日の新聞報道によると、憲法改正に対しての世論調査で、賛成とした方が、若干ですが過半数を占めることとなったそうですね。直前に、安部首相が、憲法改正の目玉の9条については、現行の1項、2項はそのままで、3項に自衛隊を入れるとの最小限の変更とし、その他は高校の無償化と、国民に受け入れやすい改正案を示したことによるのではないかと思いますが、そうしますと2020年までに、憲法改正を成し遂げると目標達成は現実味を帯びて来たかも知れませんね。

これらの他に、実は皆さんに身近な重要な法律の改正が行われたことは、ご存知でしょうか?民法は、明治以来100年以上、改正されることがありませんでしたが、今般債権法の全面改正が行われています。皆さんに影響があるのは、時効が原則5年となり、飲み屋さんの請求書のも従来1年で時効になっていたのが、5年も請求されることになっています。他は、法定利率が5%から3%になったり、会員の中には会社を経営されている方が多いですが、約款の中に消費者に不当に不利な条項があると無効になりましたことは、知っておられた方が良いかもですね。

以上、残り少なくなりました会長の任期しっかりやってまいります。

(記:角山会長)

髙栁幹事報告

本日の幹事報告は一点です。

今年度もあと1ヶ月で終了しようとしています。色々とありがとうございました。
角山会長、各委員長・副委員長、SAAの皆様へのお願いです。5月17日にもメールしましたが、今年度の活動報告発表が6月12日の例会で開催されます。つきましては、メールに添付のフォーマットに年度活動報告をまとめて頂きたくお願い申し上げます。

活動報告は地区にも提出いたしますので、お手数ですが必ず作成をお願いいたします。メール添付ファイルには活動方針の文書を残しておきますので参考にして、活動報告を上書き記載お願いいたします。
記載後、6月5日月曜日までに高柳までメールにて返信ください。宜しくお願いいたします。

(記:髙栁幹事)

各委員会報告

親睦活動委員会報告

本日例会後に、森美術館でのアート鑑賞ツアーがございますので、参加者の方は例会終了の13:30に例会受付前にてお集まり下さい。皆さんで美術館まで移動いたします。

また、先週にも天野会員よりご案内頂きました、海上自衛隊横須賀基地及び艦艇見学ですが、来月6月29日の14:00〜17:00に予定致しております。集合は海上自衛隊横須賀基地総監部にて現地集合となります。

<当日のスケジュールメニュー>

  • 海上自衛隊の概要説明
  • 最新の防衛事情レクチャー(総監部会議室)
  • 艦艇見学(巡洋艇、護衛艇、イージス艦、掃海艇のいずれか)
  • 海自小型偵察艇でのクルーズ

<当日の注意事項>

身分を証明するものをお持ちください。艦艇に乗艦しますので、女性はスラックス、キュロットスカートをお勧めします。靴は滑らない、歩きやすい、ローヒールのものでお願いします。写真撮影は可能ですが、撮影禁止の場所がありますのでご注意ください。尚、ご参加希望の方は申し込みフォームに必要事項をご記入の上、事務局へFAXもしくは直接お申し込みください。滅多とない機会ですので、是非ご家族やご友人をお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

(記:親睦活動委員長 小篠)

その他

次年度幹事報告

次年度各委員長・SAAの方は「次年度活動方針」の提出をお願いいたします。締め切りは6月5日とさせていただいておりますので、ご多忙中とは思いますが、よろしくお願いいたします。

(記:安部次年度幹事)

浅田会員ポール・ハリス・フェロー認証及びポール・ハリス・ソサエティの入会認証

浅田豊久会員がポール・ハリス・フェローに認証され、ピンバッチが提供されましたので、本日、角山会長より贈呈式を実施いたしました。
※ポール・ハリス・フェローとは、国際ロータリーのロータリー財団に1,000米ドル以上の寄付をした人を称える認証です。

浅田 豊久会員

(記:髙栁幹事)

卓話『能の海外公演』平成29年5月8日

坂井 音重様

能楽師 白翔會 主宰 坂井 音重様

能の先行芸術は民族の生活とか、その習俗。例えば神様に幸せをもたらすために舞ったりするもの。中でも有名なのは巫女さんの舞ですね。5世紀に入ると唐と日本の交流がある。その中で5世紀に催馬楽という芸能があり、平安貴族が歌を歌いながら音楽を奏でつつ鎌倉末期まで延々と続いていた。また、生活の中の「普遍的なもの」、「人々の心に感銘するもの」として農民は田植えのとき歌を歌いながら豊作を願い「田楽」を奏でる。室町時代に「日本の芸術の精粋」となって文化が集約される。そういう総合された文化の中で作られた演劇が「人々の心に寄り添い、訴える芸能」すなわち「能楽」です。

能ができたのは室町時代。観阿弥が生まれたのが1333年で、観阿弥、世阿弥の親子がこれを集約しました。当時、各地にそのような劇団がいっぱいあったのです。室町幕府の時、公家の文化と武士の文化を足利義満によって磨き上げられ、今日に至っている。能楽や香道、茶道、華道です。安土桃山時代は信長、秀吉の時代です。この時代も武将が盛んに前から伝わる室町文化の尊さを磨き上げていきます。1番の能は1時間以上はかかるのですけれど、太閤秀吉は5番近く自分が「シテ(主役)」を演じているのですね。秀吉はそれによって自分の聡明さと権威、そして為政者としての価値観を皆に示す。江戸時代には幕府が能を「式楽」として位置付ける。国が認定する正式な舞台芸術だと指定する。ですから江戸幕府は各藩それぞれ、その石高に応じて能装束、能楽者をそろえておくべきとしました。

次のターニングポイントが明治維新です。そのときには廃仏毀釈に代表されるように日本の文化が全部否定されました。お寺さんもなくなり、文明開化のあおりを受け、今まで継承されてきた能、茶道等々が衰退する。これが見直され復興したのが岩倉具視が欧州を視察した時で、帰国後、日本の伝統文化を継承しなくてはいけないということになりました。外国にはオペラや歌劇場があるではないかと。能は600年の歴史を持っています。シェイクスピアは400年、バッハは300年ぐらいでしょうか。自国の大切なものは自国でちゃんと認識しなきゃいけないというところから能が復興した経過があります。

能で今でも演じられる曲は5つに分類されます。では、これからよく知られている演目を映像でご覧にかけ、説明しましょう。その最初が「高砂」。これは夫婦がいつまでも変わらぬ愛情を表す相生の松の物語と、和歌の神「住吉明神」との慶祝の曲です。2番目の「屋島」。前半は義経の魂が老人の姿で現れ、戦の様子を語ります。後半には義経その人が武人の勇壮な舞を演ずるのです。能は大体、前半は亡霊、後半は実存の人が現れることが多いのです。3番目の「井筒」は、愛は永久であるという伊勢物語の物語。4番目は隅田川。これは能の中でも特に有名な演目で、都からさらわれた子供を探し求め、隅田川で亡くなった我が子の亡骸に出会います。

最後は有名な、能面をかけずに緊迫感の舞台展開を見せる「安宅」です。面をかけない事を「直面(ひためん)」と云います。ご存知のとおり頼朝に追われ、秀衡を頼んで下る義経。弁慶と関守である富樫の物語。弁慶が読めと言われて何も書いていない勧進帳を読むことで関所を抜け、義経一行は陸奥へ向かうことが出来たのです。

芸術は「人の心から心へ」通じ合うもの、それがやがて「国と国」の理解に通じ合う。能の価値観は救い。救済でもって結ばれるという事です。過去には素晴らしい作品がありました。でも気を抜くと駄目になります。それが正しく継承されるために大切なのは、未来に結びつくこと。人間が持つ普遍の心の内だと思います。

2001年ユネスコの「世界無形遺産第1号」として、日本で唯一認定された「能楽」。2020年「東京五輪」が開催されます。五輪憲章にも文化が唱われてあるように、日本の文化力の価値観を大きく広く発信し、各国の人々の「幸」と「世界の平和」に大きく寄与せねばと思います。

これをもって本日の「お話し」とさせて頂きます。

ご清聴ありがとうございました。

青少年奉仕活動『西町インターナショナルスクールインターンシップ受入れ』平成29年5月24日

5月24日水曜日に西町インターナショナルスクール9年生の女性4名に対しインターンシップを開催いたしました。
今回は角山会長のアンダーソン・毛利・友常法律事務所さまと山中会員のハリウッドさまにご協力いただきました。たった1日ではありましたが中身の濃い、充実した職業体験であったと思っております。
この度お力添えいただきました角山会長、山中会員にこの場をお借りしまして感謝申し上げます。ありがとうございました。

(記:青少年奉仕委員長 三田)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 角山一俊会員

インターンシップの様子1

2017年5月24日(水)、国際奉仕事業としての、西町インターナショナルからの生徒さんのMs. Saki Kida さんとMs. Cyurina Gabeのお二人を、私どものアンダーソン・毛利・友常法律事務所でお迎えし、法律事務所での業務とはどのようなものであるか、一日経験して戴きました。

まず、業務一般について、私からご説明した後、事務所全体を見学して戴いた後、若手弁護士、外国の弁護士、スタッフ等との懇談を通じて、その仕事の様子を疑似体験してもらいました。更に、ランチのあと、裁判所にお連れし、お二人とも初体験となる、実際の裁判の見学をしてもらいましたが、傍聴した事件が、かなり深刻な内容の刑事事件でしたので、お二人とも真剣そのもの様子で、見学していました。

インターンシップの一日は、あっという間に終了しましたが、お二人とも法律業務にご興味があるとのことでしたので、法律業務とはどのようなものであるかを理解するのに、少しでもお役に立てたのではないかと思います。

(記:角山会員)

ハリウッド美容専門学校 山中祥弘会員

インターンシップの様子2

5月24日エミリーさん、ミアさんが職業体験にいらしてくださいました。とっても明るくてかわいいお二人でした。

10時より学校の見学。この日は台湾から研修生がいらしていて、ジェルネイルでピーコックのデザインを作成していましたが、中国語でコミュニケーンをお互いに取っていました。次にいったエステルームでは、フェイシャルの実習中。

新しい機械のアタッチメントや痩身のジェル超音波のしくみを興味深くみてから、教室にもどり、ネイルの塗り方と基本を学び、マスターチップを作成。クリスマスヴァージョンやナイトタウン。きらきらとして感性豊かな作品をいくつかつくりとても素敵!

午後は、メイアンドジェニー美容室で職業体験。準備やお掃除をしてから、荷物の整理など手伝っていただきます。その後、3月16日新しくリニューアルオープンした2Fのエステルームに移動しました。ここでは、ネイルを実体験していただきました。自分で塗るネイルと人にやってあげる技術の違いを実感。ミアさんは、赤、ブルー、白、黄と、それぞれ異なる爪でとてもキュートに。一方エミリーさんは薄い紫とベージュでシックにしあげていました。美容サロンでのお掃除や奥のエステルームのかたずけ、店販品のチェックなどをして終了。大満足していただき、こちらもとてもうれしい1日でした。

(記:山中会員)

森美術館Arts鑑賞会平成29年5月29日

今回も森会員のお計らいで、現在開催中の「N・S・ハルシャ展 —チャーミングな旅— 」を観覧させて頂きました。今日のインド現代美術のなかでも、最も洗練されたアーティストの一人として国際的に高く評価されてきたN・S・ハルシャ氏は、出身地でもある南インドの古都マイスールを拠点に、ヨーロッパ、アジア太平洋、北米など各地の美術館の展覧会や国際展に参加されています。今回の作品展では約20年間の代表作70点が展示され、インド伝統美術、神話や叙事詩、グローバル経済の波及から、国際的な現代アート界、日本美術の絵師、動植物・鳥たちの世界、未知の宇宙空間まで幅広く参照され、それらは時代や場所も超越して多方面に繋がっているようです。

この個展の始まりは、初期のN・S・ハルシャ氏の小さなマイスールのアトリエをイメージした部屋から、チャーミングな旅がスタートします

遊び心に満ちた寓話的なアプローチで描かれた、南インドの自然や素朴な日常生活に中には、インドの一地方年を起点に政治経済や文化のグローバルな動向を展開する、N・S・ハルシャ氏の批評的な眼差しが見ることが出来ます。同氏の絵画の特徴は、一つの作品に人物や動物などのモチーフが反復して描かれている点です。全体と部分、集団と個人といった相対的な視点を合わせ持った同氏の絵画には、世界を客観的に見つめる観察者としての姿勢が反映されています。

N・S・ハルシャ氏の絵画はスケールの大きい作品が多いのですが、描かれるのはキャンパスに留まらず、床や壁、公園の地面や寺院の屋上まで様々です。大型絵画からインスタレーションまで、観客は作品の一部になって、空間的な体験をすることが出来ます。 また、同氏は各地でその土地の人々や子供達と行うコミュニティー・プログラムやワークショップでも定評を得ています。今回は森美術館近隣の小学生達と一緒に「どんな大人になりたいか」を想像し、その未来を大人向けのワイシャツに描くワークショップを行いました。

また、同氏の作品は美術館の外でも出会うことが出来ます。六本木ヒルズ森タワー52階通路には、壁一面に多数の人々が描かれた「返される眼差し」と題された作品が、また、66プラザには、高さ2.5mを超える彫刻作品「マター」を展示してあります。地球のような球体を左手で抱えたラングー(サル)が、右手で天空を指差している姿は、未知の領域への到達を希求してきた人類の歴史や飽くなき好奇心、さらに今後の未来も、訪れる人々に示しているようです。皆様も一度ご覧下さいませ。参加者の皆さんも、様々アプローチで表現される同氏の作品を興味津々で楽しまれたようです。

森美術館Arts鑑賞会の様子

(記:小篠会員)

ニコニコBOX情報

浅田 豊久さん

今日は暑いですね。

柏原 玲子さん

高柳様、本日の卓話楽しみにしております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

齋藤 明子さん

地区ローターアクトクラブの年次大会が無事に終りました。

末松 亜斗夢さん

高柳様、本日の卓話を大変楽しみにしております。

安間 百合子さん

高柳様、本日の卓話楽しみうかがわせていただきます

5月29日 合計 18,000円 累計 1,666,600円

5月29日のお食事

5月29日のお食事

5月29日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 28名(60%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 4名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成29年6月12日
委員会活動報告(会長・各委員長)
場所 グランドハイアット東京



▲ PAGE TOP