地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

ロータリーで友情を育もう
東京六本木ロータリークラブ会長
平成29年4月24日発行 第515号
2016・2017年度 No.32

本日のプログラム
平成29年4月24日
卓話『日本のドローン事情とビジネスの展望』
一般社団法人ドローン大学校 理事長
名倉真悟様
場所 グランドハイアット東京

プロフィール

大学でマーケティングを学び、大学院修了研究は”ニューロ・エコノミクス(神経経済学)”をテーマに「消費者の無意識領域における意思決定プロセス」を研究する。
以降、先端技術に興味を持ちドローン・ビジネスを研究し、2016年9月一般社団法人ドローン大学校、一般社団法人マイクロドローンレース協会、一般社団法人ドローンダンス協会を設立し理事長に就任。
同時に株式会社ドローンラボの取締役にも就任。研究分野の活動として、慶應義塾大学 医学部 精神神経科学教室 研究員として無意識領域における意思決定プロセスを研究中である。
所属学会は、慶應医学会・日本商業学会・日本広報学会・日本マーケティング学会・日本経営会計学会など。

クラブからのお知らせ平成29年4月17日

角山会長挨拶

皆さん、前回の例会までやっと穏やかな春がやってきましたねと申し上げておりましたが、昨日は各地で真夏日を記録し、春が来たと思ったらいきなり夏の気配をも感じさせますね。先週は、有志で京都を訪れ、醍醐寺の桜見物を大いに堪能し盛り上がりました。本当に平和そのもの日本の状況ですが、日本のすぐ外では昨日北朝鮮がまたミサイルを打ち上げたようで、朝鮮半島の情勢は予断を許さないところです。長い間の平和の中で、いわば「平和ボケ」との言えるような我々の認識がありますが、油断はできないところです。そんな中、来年度当クラブがスポンサーとならせて戴き、ロンドンで難民と難民の中で特に助けを必要としている子供たちについて学んでこられることになっている、中谷菜美さんを本日お迎えしております。昨今の若い世代に、国際問題に対する関心が欠けているかのように思われる状況の中、本当に感心しますし、その中谷さんを支援させていただけるに、感謝申し上げたいと思います。

(記:角山会長)

髙栁幹事報告

●バナー交換報告

アメリカオレンジカウンティより、「ニューポートバルボアロータークラブ 青井ゆかり様」がメーキャップに来られ、バナー交換を致しました。

バナー交換の様子
●クラブ協議会報告

本年度第5回目のクラブ協議会が開催されました。

今回は、国際奉仕委員会によるミクロネシア日本語学習支援として、日本語スピーチコンテストの審査を実施いたしました。
ミクロネシア短期大学8人の学生による日本語スピーチ動画を見て、会員の皆さんが8項目の評価項目を4段階で評価する審査を実施いたしました。
最優秀者は日本に招待されるので、学生も一生懸命スピーチしており、結果は4月19日までに国際奉仕委員会にて取り纏め、発表される予定です。

最優秀者は5月中に来日予定ですので、来日した際は、クラブメンバーで歓迎してあげて下さい。

日本語スピーチコンテストの審査の様子

(記:髙栁幹事)

各委員会報告

親睦活動委員会報告

森美術館アート鑑賞会のご案内

会員の皆様よりご好評頂いております恒例の「森美術館アート鑑賞会」を、森美術館のご協力を頂き、5月29日の例会後に開催させて頂きます。今回の展示は「N・S ハルシャ展 チャーミングな旅」。N・Sハルシャの出身地でもある南インドの古都マイスールを拠点に活動し、今日のインド現代美術のなかでも最も洗練されたアーティストのひとりとして国際的に高く評価されています。代表作品約70展を集めた世界初の大個展となりますので、ぜひ皆様奮ってご参加下さいませ。なお、ご参加の方は例会終了後、受付辺りにお集り頂き、森会員ご引率により、森美術館へご移動頂きます。ご参加のお申込みは、用紙にご記入頂き、5月8日(月)までに事務局宛にご連絡頂けます様宜しくお願い申し上げます。

(記:親睦活動委員長 小篠)

        
渡辺次年度会長報告

次年度、当クラブは財団の派遣奨学生のスポンサークラブとして決定を頂きました。そして、本日は、2017‐18年度その5名の奨学生のうち、当委員会でスポンサーをさせて頂く、中谷菜美さんと、奨学学友VTT委員会 玉村秀樹委員長、同委員会 坂野茂委員にご出席頂き、ご挨拶がありました。
中谷さんは、現在は赤十字に勤務しており、今回、キングスカレッジロンドンの大学院で履修され、目標である「難民や移民の子供たちの保護」に関して将来の貢献を目指しております。6月5日(月)の例会で、改めて卓話を行います。会員の皆様の温かいエールを宜しくお願いいたします。

(記:渡辺次年度会長)

エンジョイ・ゴルフ報告平成29年4月12日

晴天の4 月12 日(水) 葉山国際カンツリー倶楽部 ダイヤモンドコースにて、脇若 英治さん、 角山 一俊さん、 宇佐見 千嘉さん、 河野 あけみさん、 片岡 雅敦さん、 石田ザッカリーさん、 森 佳子さん、山本 章博さん、 安井 悦子さん、髙栁 公康の10名にて春の「エンジョイ・ゴルフ」に行ってきました。

今回もコンペではありません。
ただひたすら「エンジョ~イ・ゴルフ」でした。
ルール等は各組で相談して、ゲームをひたすら楽しむので、ゆったりとした気持ちでラウンドして参りました。
次回も沢山の方のご参加お待ちしております。

エンジョイ・ゴルフ集合写真

(記:髙栁幹事)

卓話『Rouge(アカ)』平成29年3月27日

Bize 千砂様

ドメーヌ ビーズ五代目当主 Bize 千砂様

最近、日本に戻るたびに日本は本当にいい国だと思います。今回も春場所で稀勢の里関が優勝したシーンを見てすごく感動しました。彼は13日目に肩に怪我をして、それでも千秋楽に素晴らしい相撲を取って優勝しましたね。それで思ったのが13という数字です。私も2013年に、私の住むブルゴーニュの村が50年に一度の雹の被害を受けて、ブドウをほぼ100%失ってしまったのです。主人はおそらくそれが原因で心臓発作を起こし、帰らぬ人となってしまいました。何が何だか分からない中で、うちで働く職人たちが力を発揮してくれ、雹のために小さな房をまばらにしかつけていないブドウを丁寧に収穫し、ワインが出来上がりました。ただ私にはつらい思いが詰まっていてテイスティングもできません。次の2014年、ドメーヌ・ビーズは日本人女性が当主ではやっていけないんじゃないかという雰囲気を周りから感じる中、私は必死にワインを作りました。

私が継いだ蔵は主人の妹との共同経営です。そして妹とはブドウの作り方で意見が違いました。私は自然の作りをしたい。妹は伝統的なブルゴーニュのやりかたで使うべき農薬は使いたい。なんとか14年は出来たけれど、その先どうしていくのか本当に悩みました。ただ妹も私もドメーヌを愛しているのは同じ。それで私は無理してすぐに進めなくとも、実績を作って一歩ずつ認めてもらおうと考えることにしたのです。2015年は天候も味方してくれて健康なブドウができました。その頃、今度は13年の苦労したビンテージをビン詰めして売り出す時期になりました。私が封印していたワインを仕事上テイスティングしなければならない。輸出した先のアメリカでその13年産をテイスティングしました。正直言って今までのうちの作りではありませんでしたが、でも飲んだときの感想は「何だ美味しいじゃん」です。それが私の気持ちを上向かせてくれました。2016年4月、今年こそ頑張るぞと思っていた矢先、ブルゴーニュを遅霜が襲いました。これも50年に一度という災害です。この遅霜でブドウは2013年を上回る被害を受けましたが、私には2013年の経験、そしてその年のワインを飲み受け入れたことから授かった力がたっぷりあったので、負けてたまるかと心を決め、少量残っているブドウで私らしいワインを作ることにしました。妹に、もうこれ以上のリスクはないんだから、とにかくやらせてくれとお願いし、私の作りで最初から最後までやりました。できたワイン、通常は13万本できるんですが2016年は2万本です。そのワインは今、熟成中で、テイスティングすると自分を褒めたくなるくらいおいしく仕上がっています。

通常、赤ワインは収穫後、除梗(じょこう)処理をして実だけ漬け込みますが、うちは伝統的に房のまま漬け込みます。なんでそんな作りなのか主人に聞いたことがあります。彼の答えは、親父もおじいちゃんもそうやっていたからというものでした。ブルゴーニュのワインが皆さんの心を掴むのは、そういった、醸造学校では学ぶことのない、実際に働いてきた人たちの心がそのままボトルに納まっているからなのかなと思います。

ありがとうございました。

ニコニコBOX情報

玉村秀樹さん(ロータリー財団委員会 奨学学友VTT委員長)

ロータリー奨学生、中谷菜美さんのスポンサークラブをお引き受け頂きまして誠に有難うございます。

中川 勉さん

葉桜もきれいですね。

大橋 裕治さん

いよいよ春まっさかりの今日この頃となりました。グランドハイアットにも81名の新入社員が研修を終えて職場に出てます。よろしくお願い致します。

末松 亜斗夢さん

タケノコ狩りの季節ですね。

宇佐見 千嘉さん

春というより、初夏の様な気候となってまいりました。

渡辺 美智子さん

中谷菜美さん、六本木RCへようこそお越し下さいました。玉村委員長、坂野さん宜しくお願い申し上げます。

山中 祥弘さん

ミクロネシア・スピーチは楽しみです。

山口 富久さん

ニコニコです。

4月17日 合計 31,000円 累計 1,492,600円

4月17日のお食事

4月17日のお食事

4月17日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 30名(64%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 7名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成29年5月8日
卓話『能の海外公演』
能楽師 白翔會 主宰
坂井 音重様
場所 グランドハイアット東京



▲ PAGE TOP