地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

ロータリーで友情を育もう
東京六本木ロータリークラブ会長
平成29年3月6日発行 第510号
2016・2017年度 No.27

本日のプログラム
平成29年3月6日
イニシエーションスピーチ
カトーエミイ会員
石田ザッカリー会員
場所 グランドハイアット東京

クラブからのお知らせ平成29年2月27日

角山会長挨拶

2月最後の例会となりました。

私の年度が昨年の7月に開始してから、例会のご挨拶の中で、昨今の予測できない衝撃的な出来事の数々に触れないことがなかったほどに、実に大事が頻発しています。最近では、北朝鮮の権力者が、マレーシアで兄を暗殺したことが連日報じられ、また中東シリア・イラクでの戦闘で多くの市民が痛ましい被害を受け続けています。足元の日本では、東日本大地震で地盤沈下したところが、今度は年40cmづつ隆起していることが報じられ、不気味な感じです。そのような中で、先週は、21日、22日と2750地区の地区大会が行われました。盛りだくさんの内容でしたが、この混乱の世界にあって、ロータリーの役割の重要性を感じた2日でした。今年のRIのテーマ、人類に奉仕するロータリーもそうですが、平和と融和を目指すロータリーが果たせる役割は大きいものがあります。2日目の記念講演で、東大の松尾准教授から、AIの話がありました。結論として、人間の感性、特に視覚による判断を基礎とする人間の機能で、AIがとってかわれない分野はないという、少々脅威を感ずる内容でしたが、AIを使っても人間にとって代われないものは、ロータリーのように、人類の共通の幸せを目指して、共に助け合う、奉仕するということであろうというお話しは、共感しました。

(記:角山会長)

髙栁幹事報告

本日の幹事報告は3点です。

  • 2017年2月21日(火)、2月22日(水)はグランドプリンスホテル新高輪にて地区大会が開催されました。3年後、浅田ガバナー年度では六本木ロータリークラブは中心となり全員参加で地区大会をサポートしなければなりません。その為にも地区大会の概要を皆様でご理解頂く為に、週報に地区大会の報告を掲載しておりますので、ご一読ください。
  • 15周年に向け今年度下期より半期5千円、通期1万円の積立金が開始される事が決定いたしましたが、積立金のお支払いがまだの方が多数いらっしゃいますので受付又は振り込みみてお支払いお願いいたします。
  • 新入会員の名簿シールを会員のレターボックスへ配布しております。皆さんお持ちの名簿の後ろページの余白に貼り付けて利用ください。

(記:髙栁幹事)

卓話『激動の世界と日本経済』平成29年2月6日

島田 晴雄様

慶應義塾大学 名誉教授 島田 晴雄様

皆さんこんにちは。アメリカ大統領選ではみんなびっくりでしたね。ただ選挙戦を見るとトランプさんの応援者って真面目に自動車作っているような人。その彼らは、今、アメリカでWhite Trashって言われている。なぜそうなったのかというと技術革新ですね。アメリカで肩で風切っている人、50年前は自動車、鉄鋼産業でしたけど、今は法律かITか金融。そういう中にトランプが現れて強烈にヤジると、その人たちが中国なんかぶったたけっていうことになる。酒場でしか言えないようなことを、あの人は大統領候補なのに平気で言う。そうすると彼らは、この人を逃したら我々はTrashから抜け出せない、トランプはワシントンをぶっ潰してくれると思って本気で支えたということが分かりました。

しかし彼は問題だと思います。言い方に品がなくて不愉快。そしてワシントンのこと何にも知らない。彼は大統領になって1週間の間に18も出鱈目な大統領令を出しているけど、大統領だから一応法的効力があるんですね。大企業もメキシコへ工場作ると言ったらやられちゃう。ただアメリカの立派なところは4割以上の人が反トランプ。法律家の方も体を張ってね。トランプが相手ですから殺されるかもしれないという危機感を超えてやっていると思いますよ。アメリカの復元力に期待しています。

そういう中で日本は今後どの道を行くべきか。一つは安倍さんがそこそこ頑張っているしマティス国防長官やティラーソンさんも、そこそこまとも。だから周囲の何人かで押さえて、トランプ政権に穏当な方向へいってもらう。それで日米関係促進して、中国、ロシアとも仲良くやる。これがプランA。これを期待したい。ところがプランBはちょっと怖くて、そうならなかったらどうするんだということです。

トランプさんはこう言っています。1兆ドルのインフラ投資。35%の税率を15に。輸出には補助金、輸入には課徴金。国境税。これはどういうことかというと、まず膨大な財政出動。アメリカは既に莫大な財政赤字を抱えています。経済が4%成長なら循環するけど多分できません。するとこれみんな赤字になってWhite Trashが税金で払わされるんですよ。財政面で日本より悪くなるかもしれない。日本は円安にして怪しからんと言うけど、日本は財政赤字を乗り越えようとしているだけ。彼はドル安になればいいと言っているけど減税も投資も全部ドル高要因。これが日本にどう影響するかというと最大の問題は沖縄。もしかしたら日米安保なんて関係ないと言い出しかねないですね。

この前アラブに行って我々の習っている世界史って何なんだろうと思いました。ギリシャ、ローマからイギリス、そしてPax Americanaでアメリカ礼賛っていう世界史。中国もアフリカも中東もない。これでは世界の1/4しかないですよ。私もこれはいけないと思いました。トランプさんが我々の目を世界に向けさせてくれた点は評価しなくちゃいけないと思います。

ありがとうございました。

ニコニコBOX情報

浅田 豊久さん

先週の地区大会、お疲れ様でした

苅田 吉夫さん

寒い中にも春の訪れが近いと感じるこの頃です。

柏原 玲子さん

許俊彦様、本日の卓話楽しみにしております。

中川 勉さん

春もうすぐですね

大橋 裕治さん

皆様、昨夜の件ではTV新聞で大変お騒がせしご迷惑をおかけいたしました。心より深くお詫び申し上げます。

末松 亜斗夢さん

許俊彦さま、本日の卓話を楽しみにしております。

宇佐見 千嘉さん

もうすぐ春ですね。本日の卓話許俊彦様どうぞよろしくお願い申し上げます。

山口 富久さん

地区大会、お疲れ様でした。

2月27日 合計 30,000円 累計 1,294,600円

2月27日のお食事

2月27日のお食事

2月27日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 33名(70%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 2名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成29年3月13日
卓話『社会貢献の流れとロータリー』
地区奉仕研究委員長 榊原 節子様
場所 グランドハイアット東京



▲ PAGE TOP