地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「Enjoy 例会!Enjoy 奉仕!Enjoy Rotary!」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

楽しく有意義なロータリーに
東京六本木ロータリークラブ会長
平成27年7月27日発行 第444号
2015・2016年度 No.3

本日のプログラム
平成27年7月27日
卓話 『六本木あれこれ』
デザイナー 森 英恵様
場所 グランドハイアット東京

クラブからのお知らせ

深田会長挨拶

今日は加藤ガバナー補佐をお迎えし役員各位とのクラブ協議会を開催しました。また、例会では加藤ガバナー補佐から卓話を拝聴することになっているとともに、澤野グループ幹事と東京西クラブの小島会長と安藤幹事にもおいで頂いております。ガバナー補佐の卓話によって改めてロータリーの使命と課題を考えることが出来ると思います。同補佐とは共通の知人も多く、今後ともいろいろとご指導にあずかって参りたい次第です。有り難うございます。

(記:深田会長)

日下部幹事報告

本日の幹事報告は3点ございます。

  1. 1点目は、既に先週末に事務局からご案内しました「全国ロータリー・ポリオプラスプログラム研修セミナー」についてです。8月23日(日)に実施されますので、ご参加を希望される方は事務局までお知らせ下さい。
  2. 2点目は、こちらも先週末に事務局からご案内済みですが、「ポリオ撲滅チャリティーオークションディナーコンサート」についてです。10月26日(月)に実施されますが、ご参加を希望される方はお早めに事務局までお知らせ下さい。
  3. 3点目は、東京西ロータリークラブの例会場変更のお知らせです。ホテルオークラ本館の建替えに伴い、同クラブの8月及び9月の例会場が六本木ヒルズクラブに変更になるとのお知らせを頂いております。六本木ヒルズクラブは、当クラブの例会場とも近く、金曜日にメークアップをお考えの方は、是非東京西ロータリークラブの例会にご出席頂ければと思います。

(記:日下部幹事)

ガバナー補佐訪問(クラブ協議会)報告

2015年7月13日には、例会に先立ち、加藤書久ガバナー補佐及び沢野次郎グループ幹事をお迎えして、クラブ協議会が行われました。クラブ協議会には、当クラブからは、理事、理事会構成メンバー及び各委員長が出席しました。深田会長及び加藤ガバナー補佐からのご挨拶の後、各委員長から活動方針が発表され、その後の質疑応答では、会員増強・退会防止などに向けた当クラブの試みをご説明し、加藤ガバナー補佐からは大変有益なご示唆を頂きました。また、加藤ガバナー補佐からは、ガバナー公式訪問を兼ねる山の手東グループの合同例会(本年9月1日実施予定)や、来年5月末に予定されているRI国際大会についてのご説明もあり、グループとしての、また、地区としての取組みについても非常に有意義なご教示を頂きました。最後に、平松前監事より、大変有益な協議会になったとの講評を頂きました。今回のクラブ協議会は、当クラブの使命と課題を再度考える良い機会になり、本年度のクラブ運営に大変価値のあるものとなりました。

集合

(記:日下部幹事)

卓話 『基本に返ろう~Back to Basics~』平成27年7月13日

加藤 書久様

2015-16年度山の手東グループ ガバナー補佐
加藤 書久様

 皆さん、こんにちは。今日は山の手東グル―プ11クラブのさらなる活性化について考えてみたいと思います。

 1905年シカゴの青年弁護士ポール・ハリスと3人の仲間によって始められたロータリークラブは、現在200以上の国と地域に広がり、クラブ数34,000、会員数122万人と言われております。日本では現在のクラブ数は約2,300、会員数89,000人です。日本のロータリークラブは34の地区に分かれ、私ども2750地区のクラブ数は今年4月100になりました。会員数が5月現在で4,851人です。クラブ数は34地区の中で1番、会員数は2760地区の名古屋に次いで2番目です。2750地区は9つのグループに分かれ、山の手東グループはクラブ数が11で会員数が5月末現在633名です。

 ロータリークラブは親睦と奉仕が重視されています。ポール・ハリスがなぜロータリークラブを作ったかというと、広いシカゴでは仕事上の付き合いは沢山あるけど本当の友達が一人もいない。絶望的に寂しいんだということだったようで、本当の友達作りのためにロータリークラブを始めました。同時に当時のシカゴは商業道徳の欠如が大変目について、ポール・ハリスはこれに耐えかね、信頼できる公正な取引をして職業倫理を向上させ、職業を通じて世の中に貢献したいと考えました。これが職業奉仕の始まりであり、ロータリーの奉仕の始まりでもあったのです。

 2015,16年度2750地区のガバナー水野功さんは、地区運営基本方針を「未来に向けてロータリーの原点 心を大切に Back To Basics For Our Future」としました。そこにはロータリークラブの現状に対する危機意識があります。ロータリーは例会を大切にし、出席率を大切にしてきたのですが、近年世界的に出席率が低下しています。日本でも出席率が90%以上の地区は1995年には約25ありましたが、2000年には13地区、2005年には6地区、2015年には4地区と減少しています。国内会員数も長期的低落傾向にあり、1996年の13万人が現在では89,000人になっています。景気が悪かった時もありましたが会員の減少と出席率の低下は、近年のロータリーが基本から離れ、その魅力が減ってきたからではないか、だからロータリーの基本をきちんと守って魅力あるロータリーを目指す。それが出席率を高くし、会員の増加に繋がるとガバナーは考えておられます。

 私たち山の手東グループの11クラブは、それぞれ特色を持ち、素晴らしい活動をしています。従って自分のクラブに参加しているだけでも有益で楽しいのですが、ほかのクラブとも交流すると一層ロータリーの魅力を味わえると思います。ほかのクラブとの合同行事、共同の奉仕活動などへの参加はいいきっかけになると思います。山の手東グループは9月1日、合同例会を開催します。これは水野ガバナーのガバナー公式訪問を兼ね、ガバナーの卓話の後、テーブルごとに他のクラブの会員との意見交換を予定しております。交流のきっかけにしていただきたいと思います。

 ご清聴ありがとうございました。

ワイン同好会平成27年7月1日

 深田年度初日の7月1日、ワイン同好会がグランドハイアットのフレンチキッチンシェフズテーブルで開催されました。参加者は十名で昨年入会の今野さんが初参加されました。ワインは持ち寄りですが、幹事が用意したのは足利のワイナリーが試験的に作った、「同じ果汁に6種類の違う酵母を加えて醸造したワイン」の飲み比べです。それぞれ個性が際立ち面白い経験でした。赤の飲み比べは「全く同じ畑を、違う醸造家が預かり、一年間管理して作ったワイン三年分」の三本の飲み比べ。こちらも楽しく盛り上がりました。

ワイン同好会

(記:秋津会員)

~メーキャップにお役立てください~

山の手東グループ・8月の例会スケジュール

※各ロータリークラブからいただいたスケジュールをそのまま掲載しております。

東京西ロータリークラブ

※ ホテルオークラは改装中のため、会場についてはご確認ください。 金曜日 12:30~

8月7日(金)
卓話『鬼の穴に迷いこむ-近代日本における流行と狂乱』
モリソン フォースター外国法事務弁護士事務所 ピーター デガノン 様
場所 六本木ヒルズクラブ
8月14日(金)
休会
8月21日(金)
卓話『お肌の再生は可能か?』
JTEC常務取締役 畠 賢一郎 様
場所 六本木ヒルズクラブ
8月28日(金)
卓話『イニシエーションスピーチ』
新入会員3名
場所 六本木ヒルズクラブ

東京西南ロータリークラブ

ホテルニューオータニ 火曜日 12:30~

8月4日(火)
卓話『杉並区立和田中学校復活させた民間教育家』
元リクルート社フェロー 藤原 和博
8月11日(火)
規定による休会
8月18日(火)
卓話『基本に返ろう~Back to Basics~』
山の手東グループ ガバナー補佐 加藤 書久
8月25日(火)
卓話『インターアクトの変遷と教職38年を振り返って(仮)』
大浦 靖彦

東京原宿ロータリークラブ

明治記念館 火曜日 12:30~

8月4日(火)
卓話未定
8月11日(火)
夏休みのため休会
8月18日(火)
夏休みのため休会
8月25日(火)
卓話未定

東京杉並ロータリークラブ

ヒルトン東京「桂の間」 木曜日 12:30~

8月6日(木)
卓話『未定』
(株)神戸製鋼所 元副社長 松谷高志様
8月13日(木)
夏季休会
8月20日(木)
卓話『内戦とテロの経済学』
獨協大学 国際環境経済学科 教授 博士(経済学) 木原隆司様
8月27日(木)
夜間例会・炉辺会談

東京神宮ロータリークラブ

六本木ヒルズクラブ 水曜日 12:30~

8月5日(水)
卓話『銀座について』
銀座松崎煎餅 社長 松崎宗人
8月12日(水)
お盆休会
8月19日(水)
規定の休会①
8月26日(水)
卓話『未定』
(株)伊場仙 社長 吉田誠男

東京恵比寿ロータリークラブ

ウェスティンホテル東京 火曜日 12:30~

8月4日(火)
卓話『メキシコ派遣で学んだこと』
2014-15年度青少年交換派遣生 細倉 尚将
8月11日(火)
夏季休会
8月18日(火)
卓話『日本の伝統芸能~鼓の力』
邦楽演奏家 麻生 花帆
8月25日(火)
イニシエーションスピーチ
加茂 正治会員
窪田 俊也会員

東京広尾ロータリークラブ

六本木ヒルズクラブ 木曜日 12:30~

8月6日(木)
卓話『未定』
ロータリー財団奨学生 宗像 淳史 様
8月13日(木)
休会
8月20日(木)
休会
8月27日(木)
未定

東京渋谷ロータリークラブ

セルリアンタワー東急ホテル 月曜日 12:30~

8月3日(月)
未定
8月10日(月)
卓話『基本に返ろう~Back to Basics~』
RI2750地区山の手東Gガバナー補佐 加藤 書久 様
8月17日(月)
規定休会
8月24日(月)
卓話『最近の中国経済について』
大和総研 斎藤 尚登 様
8月31日(月)
9/1に移動

東京愛宕ロータリークラブ

東京アメリカンクラブ 火曜日 8:00~

8月4日(火)
卓話『苗字のお話』
東京世田谷RC パスト会長 北原邦雄 様
8月11日(火)
-
8月18日(火)
イニシエーションスピーチ
東京愛宕RC ソングリーダー、日本テレビ放送網株式会社、日本テレビ麹町診療所 所長 市村有紀子 会員
8月25日(火)
卓話『卓話』
特定非営利活動法人、国連UNHCR協会 中村恵 様

ニコニコBOX情報

東京西RC 会長 小島篤さん

深田会長、日下部幹事、お二人のご活躍をお祈りいたします。

東京西RC 幹事 安藤直道さん

深田会長、日下部幹事、一年間、よろしくお願いします。
4クラブ合同例会、合同社会奉仕と、お世話になります。

世田谷南RC 天野彰さん

深田会長日下部幹事新しい船出を心よりお祝い申し上げます。
前年度は「東京の水文化を守るフォーラム」ご共催たまわり心よりお礼申し上げます。

森 佳子さん

加藤様、澤野様、本日はご多用の中、ご来会頂きまして有難うございます。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

中川 勉さん

あついですね。

篠塚 博さん

ガバナー補佐加藤書久様、お役目御苦労様です。

杉本 潤さん

角張さん、入会歓迎。

宇佐見 千嘉さん

本日は山の手東グループガバナー補佐加藤書久様ようこそおいでくださいました。

山中 祥弘さん

加藤様の卓話ありがとうございます。

安間 百合子さん

加藤ガバナー補佐、本日はありがとうございます。よろしく御願い申し上げます。

7月13日 合計 45,000円 累計 143,000円

7月13日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 30名(65%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 5名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成27年8月3日
卓話 『戦後70年のケジメ』
ジャーナリスト 松尾 文夫様
場所 グランドハイアット東京

プロフィール
  • 1933年8月12日東京生まれ。
  • 1956年3月、学習院大学政経学部政治学科卒業。 同年4月、共同通信社入社。大阪社会部、本社外信部を経てニューヨーク、ワシントン特派員(1964-69)。バンコク支局長(1972-75)。ワシントン支局長(1981-84)。 論説委員などを歴任。 この間、1971年4月10日発売の中央公論5月号に「ニクソンのアメリカと中国― そのしたたかなアプローチー」と題する論文を発表、米中和解を予測した。
  • 1984年末から共同通信社が米国のAP通信、ダウ・ジョーンズ社と提携して展開した、国際金融情報サービス「テレレート」の業務を担当。 (株)共同通信社常務取締役、(株)共同通信マーケッツ代表取締役社長などを歴任。
  • 2002年5月、松尾文夫事務所を設立、ジャーナリストに復帰。アメリカ専門家として活動を開始。
  • 2004年7月、著書『銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち一』(2004年3月小学館刊)が、第52回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。
  • 2005年6月、テレビ朝日「報道ステーション」特別番組「ドーリットル痴諄撃機パイロットとの対面」に出演。
  • 2005年8月16日付米Wall street Journal紙に「Tokyo Needs Its Dresden Moment」と題して寄稿、プッシュ大統領の広島での献花などを提案。
  • 2006年3月、『銃を持つ民主主義』の音声版がiTunes Music Store・オーディオブックから発売。
  • 2006年4月、ブロク・松尾文夫「アメリカウォッチ」の発信を開始。(http://homepage.mac.com/f_matsuo/blog/fmblog.html)
  • 2007年10月、『銃を持つ民主主義』の英訳版、『Democracy with a Gun― America and the Policy of Force一』を米Stone Bridge Pressから出版。
  • 2008年3月、『銃を持つ民主主義』の文庫版(小学館文庫)発売。
  • 2008年6月、福井県知事より「福井ふるさと大使」に任命される。
  • 2009年8月、『オバマ大統領がヒロシマに献花する日―相互献花外交が歴史和解の道をひらく―』(小学館101新書)発売。
  • 2010年1月19日、NHK BSl「今日の世界」の安保改定50年特集「日米同盟はどこへ」にグスト解説者として出演。
  • 2010年2月『オバマ大統領がヒロシマに献花する日』の音声版がiTunes store・オーディオブックから発売。
  • 2010年9月、財団法人日本国際問題研究所創立50周年論文集に「国際問題」2003年2月号に寄稿の「ブッシュ政権と新帝国主義者の台頭―伝統的保守派との「綱引き」一」が選ばれた。
  • 2012年3月、「キッシンジャー回想録中国」(上下2巻、岩波書店)に「米中関係を構築し続ける男一「密使」から「守護者」への軌跡―」と題して解説を執筆。
著書
  • 『ニクソンのアメリカ』(1972年サイマル出版会)
  • 『銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち―』(2004年3月小学館)
  • 『オバマ大統領がヒロシマに献花する日』(2009年8月小学館)
編訳執筆書
  • 「私の日本報告=マンスフィールド駐日米大使=」(1978年サイマル出版会)
  • 「ニクソン回顧録」(1980年小学館)
  • 1996年版ベスト・エッセイ集「父と母の昔話」(1996年文藝春秋)
  • 日本エッセイスト・クラブ編「こころの一冊」(2005年4月文藝春秋)
  • 古矢旬編「資料で読むアメリカ文化史5アメリカ的価値観の変容」(2006年11月東京大学出版会)
  • アメリカ学会編「原典アメリカ史第九巻唯一の超大国」(2006年12月岩波書店)
  • 日本エッセイスト・クラフ・編「こころを言葉に」(2007年7月集英社)
  • 東京大学新聞研究所講師(1987年日米比較マスコミ論非常勤)
  • 財団法人エイ・エフ・エス日本協会理事・監事・顧問(2005年~2011年)


▲ PAGE TOP