地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用PDF

Thank You,Rotary
東京六本木ロータリークラブ会長
平成27年5月25日発行 第436号
2014・2015年度 No.36

本日のプログラム
平成27年5月25日
卓話 『「香道」とその可能性』
香雅堂 代表取締役社長
山田 眞裕様
場所 グランドハイアット東京
プロフィール
  1. 1950年 京都市内にて、江戸寛政年間より代々香木・薫香原料の輸入卸元を営む家に生まれる。
  2. 1974年 早稲田大学政治経済学部卒業。
  3. 1983年 東京都港区麻布十番に「麻布 香雅堂」(正式名称:株式会社 香雅堂)を設立。
  4. 2002~2003年にかけて、国立能楽堂企画公演「香と能 その1」「香と能 その2」を監修するなど、香木・香道具の専門家として研鑽を重ね、普及に努める。

クラブからのお知らせ

山本会長挨拶

  • 先週の例会でネパールの地震被害への救援募金箱を各テーブルにお回しするのを忘れてました。今日は改めて回します。
    また、今月の26日に[東京の水文化を守るフォーラム]が開催されます。当クラブの山中さんが実行委員会に出向されています。まだ間に合いますので登録されますよう、お願いします。
  • さて、幕張で行われたエアレースを皆様もご存知かと思いますが、離発着は浦安の港の波止場を利用していました。国土交通省もよくぞ承認したものだと思います。
    また、来年も見たいと期待しています。

(記:山本会長)

各委員会報告

1.親睦活動委員会 小笠裕子委員長より

6月29日(月)は今年度最後の例会で、夜間例会となります
会場はグランドハイアットホテルにて、詳細は追ってご連絡いたしますが
多数の参加をお願い致します。

2.東京オーキッド世田谷南ローターアクトクラブ 川崎由紀子会長より

ローターアクトクラブの第35回年次大会を5月23日(土)六本木ヒルズのハリウッドホールで開催致します。
六本木ロータリークラブからも15名のご登録を頂きありがとうございます。
当日はネパールの支援についてや東北の震災支援の報告などもさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

3.秋津会員より

あさ出版から 新しい本が出ます。
お陰様で8万部となりました「長生きするのはどっち?」の続編です。
タイトルは 「がんにならないのはどっち?」です。

売上は、ニコニコ寄付にて1冊1400円にて販売します。

(記:渡辺美智子委員)

クラブ協議会

イニシエーションスピーチ

新会員 鈴木聡子会員

皆出席者表彰

2013-14年度に於いて100%皆出席された19名の皆様にロータリーマーク入り折りたたみ傘を贈呈。

  1. 安部 義彦会員
  2. 浅田 豊久会員
  3. 平松 和也会員
  4. 苅田 吉夫会員
  5. 柏原 玲子会員
  6. 片岡 雅敦会員
  7. 松島 正之会員
  8. マウラー・ピー・リード会員
  9. 齋藤 明子会員
  10. 関口 明博会員
  11. 篠塚 博会員
  12. 杉本 潤会員
  13. 隅田 幸男会員
  14. 髙栁 公康会員
  15. 渡辺 美智子会員
  16. 山本 良樹会員
  17. 山中 祥弘会員
  18. 安井 悦子会員
  19. 安間 百合子会員
集合写真

山本会長より「今年度を振り返って・・・」という題で一年間の活動を報告いたしました。

次年度との引き継ぎの時期ですので各委員会の皆様の資料となれば嬉しい限りです。
各委員長の皆様、お疲れ様でした。

山本会長
資料
山本会長資料

(記:齋藤幹事)

鈴木聡子会員 イニシェーションスピーチ平成27年5月18日

鈴木聡子

鈴木聡子 様

このたび、齋藤明子様、小笠裕子様のご推薦により入会致しました鈴木聡子です。皆様どうぞよろしくお願いいたします。齋藤様、小笠様、この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

まず、簡単な自己紹介ですが、私は大学を卒業後、住宅メーカーに就職、その後市場調査会社に転職し、洗剤やシャンプーから介護用のおむつまで、主に日用品のマーケティングリサーチを担当しておりました。15年前からは父の経営する不動産会社で働いております。家族は、中学3年生になる息子がおり、二人で暮らしています。息子は卓球部に所属していて、朝練の日は朝5時過ぎには家を出、部活を終えて8時近くに帰宅する多忙な日々を送っています。本人曰く、帰宅する頃にはエネルギー残量はほぼゼロ、せめて家ではゆっくり穏やかに平和に過ごしたい、という理由から、いわゆる反抗期は放棄したそうです。

次に、会社について少しお話しさせてください。私共鈴木土地管理合名会社は、大正6年に設立されました。合名会社というのは皆様もご存じの通り、株主(出資者)が全員無限責任社員という極めて閉鎖的な組織です。昔は同族会社が本業が危機に陥った時の防衛策として設立されたようで、私共の会社も父の実家の本業である水あめ製造業のリスクヘッジのために設立されたようです。水あめ製造業は現在は倉庫業に生まれ変わり、叔父が経営しております。業種は土地を購入して、第三者に貸すことでした。再来年には100周年を迎えますが、社歴の大部分がスリープ状態で、利益がほとんどなかったにも係わらず、バブル経済の影響を受けて会社の株価だけが上がり、そのままでは会社の存在意義すら見出せない状況に陥りました。そこで当時銀行員だった父がサラリーマンをやめ、この会社に専念することになりました。それから25年あまり、多くの借地人や借家人の整理を少しずつ進め、ようやくある程度の高層事業を実現できるようになりました。

私もゆくゆくは事業を承継し、そして次の世代へバトンを渡す日まで会社を存続させるべく、父の背中を見ながら勉強の日々です。

複雑な土地の権利関係を解決して事業を行うとなると、1つの事業に十年単位の時間を費やすことになり、スピード感が求められる今の時代と逆行するかのような会社です。また、合名会社という性質上、事業の失敗は許されないというプレッシャーもあります。このような環境の中でも、私は自分らしさを見失わずに、今後どのような形で仕事を通じて社会に貢献することができるのか、模索しています。今回の入会を機に、皆様からたくさんの刺激をいただき、新しい発見をさせていただきながら、さまざまな角度からものを見て考えられる、そんな人間になれるように努力していきたいと思います。

皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(記:鈴木 聡子会員)

卓話 『デザイン新時代の幕開け』平成27年5月11日

畑山一郎様

株式会社 未来技術研究所 代表取締役
畑山一郎様

 皆さん、こんにちは。私は工業デザイナーで自動車のデザインをずっとやってきました。その車が売れるように、少しでもカッコよく使いやすくデザインしてきたわけですが、そういう仕事のやり方が大きく変わろうとしています。BI、AIという言葉は紀元前、紀元後のBC、ACをもじったBefore Internet、After Internetの意味で、ここにしっかりと境目があるということです。BIからAIになり、インターネットは今や社会インフラのプラットフォームになりました。この影響はデザインの世界では「モノ」のデザインから「こと」のデザインが重視される結果となって表れています。例えば車をいくらカッコよくデザインしても渋滞も排気ガスも減らないですね。ですから人やモノが移動することのデザインをしないと間に合わなくなっている。また20世紀は部分最適のデザインでしたが、最近は社会の全体最適をデザインしなければいけなくなっています。それが「社会に寄り添うデザイン」です。その例として今世紀になってから私がやったことを3つほど紹介します。

 まずフィリピン。マニラは公共交通がほとんどなく、多くはジープニーというジープ改造バスみたいなものとトライシクルというオートバイにサイドカーを付けたものが走っています。排ガスも劣悪です。それで私はADB(アジア開発銀行)と一緒になってフィリピンの交通事情に合ったシステムを作るため、日本のリチウム電池を使ってエンジンを電気モーターに変えました。これでトライシクルのドライバーは職を失わずに済みます。今、試作車が作られていて現地で生産される予定です。

 カンボジアではアンコールワットなどの遺跡を目指して世界中からの観光客が増えています。ここも公共交通がなく、交通手段はほとんどがオートバイでキャビンを引っ張るルモーモトというものです。これもひどい排ガスを出しています。私はここでもADBと一緒にルモーモトを電気に変えるプロジェクトをやっていて、来年本格普及が始まります。

 次は国内です。千葉県の柏市では5年前から三井不動産が柏の葉キャンパスシティという街の開発を始めました。スマートシティ、コンパクトシティとして、この街の交通、移動を賢く、心地よくしようというものです。2030年を想定した完成像をビデオにして4年前の東京モーターショーで発表しました。その中ではシースルーのソーラーパネルで発電して電気の乗り物に充電するエネルギーの地産地消や、交通手段のシェアリングを前提に自動運転のコミューターであらかじめプログラムした所まで移動できる姿をイメージしています。つまり街全体で移動の手段の選択肢がいろいろ持てることを提案しているわけで、そのための社会インフラをデザインさせていただいているわけです。

 デザインは遅ればせながらではありますが新時代に入りました。それはロータリークラブの精神に近付いたということでもあると思っています。

 ありがとうございました。

ニコニコBOX情報

角山 一俊さん

春とは思えぬ気温の高さと、突然のすずしさ。みなさん体調にお気をつけ下さい。

柏原 玲子さん

鈴木聡子さん、入会おめでとうございます。

小笠 裕子さん

遅くなりましたが、鈴木聡子さん。ようこそ六本木ロータリーへ。

大橋 裕治さん

鈴木聡子さんご入会おめでとうございます。新人同士がんばりましょう。

杉本 潤さん

鈴木聡子さん、入会歓迎。

髙栁 公康さん

鈴木さん入会おめでとうございます。私は風邪が長引いて苦闘しております。

宇佐見 千嘉さん

お暑くなってまいりました。本日はクラブ協議会ですね。

渡邉 滋さん

大場に大争敷を作り出しています。
「竹の子や児の歯ぐきのうつくしき」服部嵐雪

山本 良樹さん

千葉で小型飛行機のレースがありました。毎年見たいです。

山中 祥弘さん

ローターアクト地区大会、ご出席お待ちしております。オーキッドローターアクトに川崎会長同行しました。

鈴木 聡子さん

今月より入会させていただきました。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

秋津壽男会員より、ご著書の売り上げ10,400円をニコニコBOXにご寄付くださいました
5月18日 合計 57,200円 累計 1,666,917円

5月18日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 33名(69%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 1名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

次回のプログラム

平成27年6月1日
会員卓話
髙栁公康会員
松木隆央会員
場所 グランドハイアット東京



▲ PAGE TOP