地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



TOKYO ROPPONGI ROTARY CLUB

Weekly Report

印刷を行いたい場合はこちらをクリックしてください 印刷用ボタン

Thank You,Rotary
東京六本木ロータリークラブ会長
2015年1月19日発行 第420号
2014・2015年度 No.20

本日のプログラム
平成27年1月19日
『新年例会』
場所 グランドハイアット東京

次回のプログラム

平成27年1月26日
卓話 発酵学者・食文化論者
   小泉 武夫 様
場所 グランドハイアット東京

クラブからのお知らせ[12月22日例会]

山本会長挨拶

12月8日の10周年記念例会は皆さんの協力で無事終えることができました。そして、その10周年記念事業の日本語作文コンテストの優勝者であるミクロネシア大学のカルミ・ソアーさんの日本滞在も終わり昨日の朝無事に成田から帰国されましたことを報告させていただきます。カルミさんの滞在中はみなさんのご協力をいただきました。特に角山ご夫妻、山中さん、渡辺さん、齋藤さん、柏原さん、小笠さん、三田さん、そして麗澤大学の学生さんたちのご案内で楽しいものとなったようです。カルミさん本人もとても素直な女性でした。20日のお別れパーティーで挨拶では、「ロータリークラブは経済活動の指導者の集まりだと思っていました。でも、私がお世話になって判ったのは人と人との結びつきを大事にする人たちのクラブだということです。決して豊かではない私を日本に招いていただき、しかも毎日セレブの気分で過ごすことができたことにお礼を言うのは言葉にはできないくらいです」彼女はこのような言葉で我々に対する感謝を述べて帰りました。
これで、10周年記念事業の大きな責任を果たせたような思いです。
皆様、良いお年をお迎えください。そして、メリークリスマス!

齋藤幹事報告

2014年もあと少しで終わろうといています。今年度も無事に半年が終わります。皆様のご協力に感謝すると共に、また6月までの後半戦もよろしくお願い申しあげます。

  1. ①2月に開催されます地区大会(2月25日本大会)への登録をお願いいたします。締め切りは12月25日です。
  2. ②年が明けまして1月の第1例会は、1月19日通常例会でお部屋は「アニス」です。

良いお年を迎えください。

親睦活動委員会 小笠委員長

今年最後の夜間例会は、今年、新しくできた虎の門ヒルズ51階のホテル アンダーズで行われました。今回は、10周年記念例会・祝賀会の打ち上げも兼ね、メンバーのみの会といたしました。クリスマスバージョンの東京タワーを間近に素晴らしい景色を眺めながら美味しいお食事をいただくことが出来夢のような一時でした。色々と親睦委員会の無理なお願いを聞き入れていただいた大橋会員のおかげです。有難うございました。マジシャンGOさんの不思議なマジックが間近で見て、更にビンゴゲームも行い、あっという間に時が過ぎてゆきました。10周年、クリスマス例会と親睦委員会にとっての今年度のメインイベントが終了し、ほっといたしております。皆様、ご協力有難うございました。また、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

夜間例会の様子

ニコニコBOX情報

柏原 玲子さん

メリークリスマス。今年一年、ありがとうございました。来年も宜しくお願いいたします。

今野 ひろ子さん

皆様のおかげで、たくさんのすばらしい経験をした一年となりました。ありがとうございます。

苅田 吉夫さん

世界一の夜景を眺めながらの今年をしめくくる夜間例会、大いに楽しみにしています。

山本 良樹さん

みなさん、メリークリスマス。そして良いお年を・・・。

山中 祥弘さん

楽しいロータリー、一年間ありがとうございます。天空のロータリー感激です。

藤井 卓也さん

MERRY Xmas!

齋藤 明子さん

今年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

芹澤 ゆうさん

先週の10周年の後、今度はメリークリスマスですね。

安間 百合子さん

メリークリスマス!
今年一年本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしく御願い致します。

宇佐見 千嘉さん

今日は楽しいクリスマスになります様に!

末松 亜斗夢さん

今年もお世話になりました。

12月22日 合計 102,000円 累計 1,065,900円

12月22日の例会出席率(暫定)

  • 会員の例会出席数(出席率) 32名(68%)
  • ゲスト・ビジターの参加者数 0名

※メーキャップを含めていない暫定の人数です。

~メーキャップにお役立てください~

山の手東グループ・1月の例会スケジュール

東京西ロータリークラブ

ホテルオークラ東京 金曜日 12:30~

1月9日(金)
新年夜間例会(事前登録)
1月16日(金)
卓話 高橋大輔様
1月23日(金)
卓話 NHK解説委員 今井純子様
1月30日(金)
イニシエーションスピーチ 石丸俊之会員・赤坂祐一郎会員・岩城隆会員

東京西南ロータリークラブ

ホテルニューオータニ 火曜日 12:30~

1月6日(火)
新春初例会
お琴 纓田伊星花 様
尺八 城戸龍太郎 様
紹介者 清水重雄会員
1月13日(火)
一般社団法人 日本経済調査協議会 専務理事
杉浦哲郎 様
演題「2015年の日本経済を読む~アベノミクスのチャンスとリスク」
紹介者 深澤正宏会員
1月20日(火)
日産自動車株式会社 常務執行役員
星野朝子 様
仮題「C.ゴーンCEO体制の日産自動車と女性の活用」
紹介者 高梨勝也会員
1月27日(火)
アカオアルミ 代表取締役
赤尾由美 様
演題「1円玉を製造する日本で唯一の企業の社長が語る企業戦略と国防論」
紹介者 松原好之会員

東京原宿ロータリークラブ

明治記念館 火曜日 12:30~

1月6日(火)
年始のため休会
1月13日(火)
例会 卓話 川田純代会員
イニシエーションスピーチ
1月20日(火)
年始のため休会
1月27日(火)
年始のため休会

東京杉並ロータリークラブ

ヒルトン東京「桂の間」 木曜日 12:30~

1月1日(木)
年始の為休会
1月8日(木)
小西ゆかり様 飛鳥交通(数)CSR推進室 ピストル射手
未定
1月15日(木)
第4回クラブ協議会 
1月22日(木)
吉崎 憲様 (株)ケンドラ 代表取締役
ミクロネシア金融特区の活用について
~連合艦隊司令部基地から南太平洋の金融特区へ~
1月29日(木)
移動夜間例会・炉辺会談 於:ヒルトン東京2F「王朝」

東京神宮ロータリークラブ

六本木ヒルズクラブ 水曜日 12:30~

1月7日(水)
規定の休会③
1月14日(水)
「年始・一言抱負」 ご出席の皆様
1月21日(水)
クラブ協議会「上半期活動報告・下半期計画」
1月28日(水)
元米山奨学生 ハメッド モフィディ様 (国籍・イラン)

東京恵比寿ロータリークラブ

ウェスティンホテル東京 火曜日 12:30~

1月6日(火)
規定休会
1月13日(火)
第873回 夜間移動例会 18:30~20:30
1月20日(火)
第874回例会 12:30~13:30
卓話 「夢は叶う!」
シドニーパラリンピック
車椅子バスケットボール日本代表キャプテン 根木 慎志様
1月27日(火)
第875回例会 12:30~13:30
卓話未定

東京広尾ロータリークラブ

六本木ヒルズクラブ 木曜日 12:30~

1月8日(木)
新年の抱負
1月15日(木)
清野 百香 様 ヴァイオリニスト、シンガーソングライター
1月22日(木)
未定
1月29日(木)
メンバースピーカーデー 服部会員、ノーマン会員

東京渋谷ロータリークラブ

セルリアンタワー東急ホテル 月曜日 12:30~

1月19日(月)
12:30~新春例会
 藤間 勘加賀 様  新春の舞「北州」「お蔦」
1月26日(月)
12:30~卓話 野際 小夜子 様 特定非営利活動法人 難民を助ける会
 演題 「助け合い、支え合う未来へ~難民を助ける会の活動現場から」

東京愛宕ロータリークラブ

東京アメリカンクラブ 火曜日 8:00~

1月6日(火)
年次総会・クラブ協議会(メーキャップ対応時間は7:45~8:15)
1月13日(火)
卓話:ゾマホン・イドゥス・ルフィン様(西アフリカ・ベナン共和国駐日特命全権大使)
1月20日(火)
イニシエーションスピーチ:丸山中会員(株式会社アットアール代表取締役、愛宕RC親睦ニコニコ委員長)
1月27日(火)
卓話:久木留毅様(公益法人日本オリンピック委員会・情報戦略部門長、専修大学文学部教授
 『2020年東京オリンピックに向けての日本のスポーツ行政の取り組み』(仮))

ミクロネシア大学より日本語作文コンテスト優勝のご褒美としてカルミ・ソアーさんが来日平成26年12月15日

12月15日 成田空港で麗澤大学の学生お二人とともに渡辺さんが出迎え、そのまま当クラブの例会に出席していただき、日本語で挨拶していただきました。
 例会後、山中さんの学校を訪問見学しマニキュアをしていただき、彼女は初めてで喜んでました。
 その後、柏原さんにミッドタウン内のユニクロに連れて行っていただき、麗澤大学の学生のアドバイスをいただき冬の服装を購入してもらい、一休みの後、この夜の宿泊をお願いしている角山さんのオフィスへ行き、角山さんの法律事務所を見学後角山邸へ。寝室は和室を選んで夕食はすき焼きという日本の最初の夜となりました。

カルミさんらの1日目の様子

12月16日 角山邸から今後の宿泊のアジア会館へ角山さんの奥様におつれいただきました。
 この日は午後から"はとバスの都内観光"です。あいにくの雨の中でしたが齋藤さんのお世話で貿易センタービルから都内を見て、それからバスで皇居、銀座をまわって浅草寺へ、その後は船着き場から日の出桟橋へ、途中のレストランの料理見本の蝋細工の模型を触って、面白そうに笑っていたそうです。東京駅帰着後は三田さんと小笠さんのお世話で銀座で夕食を楽しみました。冷やっこ、枝豆、焼き鳥などのほかに特に餃子ピッツァがお気に入りだったようです。

カルミさんらの2日目の様子

12月17日は快晴となり、山本良樹のアシスタントの女性二人が引率してディズニーランドの一日です。
 案内役の一人がディズニーランド・フリークであり長い行列をしり目にファストパスというもので一日中楽しんだそうです。パレードや花火も楽しんで21:30に山本の車でホテルに向かいましたが、車中のカルミさんは興奮が残っていてスペースマウンテンに乗った時の恐怖と、初めての3D映像への興奮などを語っていました。

カルミさんらの3日目の様子

12月18日 麗澤大学訪問とミクロネシア大使館訪問でした。
 ミクロネシア大学と提携している麗澤大学は常磐線の南柏に広いキャンパスがあります。この大学はミクロネシアの将来の環境保全のプロジェクト研究に毎年夏休み期間中に2週間の共同研究と作業を実施しているとのこと。今年の夏にポンペイを訪れた学生たちが今回のカルミさんの東京訪問の案内役を手伝っていただきました。
 当日は9:40に学長に挨拶のため千代田線の乃木坂駅より8:15の電車に乗りました。ラッシュアワーの電車の体験です。カルミさんは小さくなっていましたがしばらくすると、乗客の真剣な表情とスマホをにらんでいる姿がおかしくなって笑いが出てきました。
 麗澤大学では学内の施設見学や外国人教授などとの意見の交換ができたようです。
 16時には赤坂のミクロネシア大使館に表敬訪問いたしました。プリッツ駐日大使のお嬢様がカルミさんのスクールメイトとういうこともあり、大変きさくに対応していただきました。
 また、この機会に山本より大使に当クラブのミクロネシア計画の報告をさせていただき、大使より感謝の言葉とともに今後の協力関係の維持発展についてお約束いただきました。
 この夜は大使館主催でミクロネシア料理のプロモーションのためのパーティーが四谷のレストランで催され、カルミさんと同行の学生と山本はご招待を受けました。
 このパーティーではミクロネシアからの留学生も出席しておりカルミさんも楽しく話していました。

カルミさんらの4日目の様子

12月19日は越後湯沢での雪体験です。
 この日は山本とアシスタントの女性との三人で上越新幹線で1時間40分の越後湯沢へ向かいました。カルミさんは初めての新幹線への興味で速度、車両の長さなどを質問してきます。やがて高崎を過ぎるあたりから遠くの山頂が白く見えてくるとめを輝かせて、やがてトンネルを出て窓の外の景色が一面の銀世界になると「Wao!」と声が出ました。
 湯沢高原スキー場では100人乗りのロープウェーで約700mの高さのゲレンデヘ昇りますが、途中の雪景色の中に動物の足跡がいくつも点々としていました。どんな動物がいるのかなどの質問が続きます。ゲレンデでは本格営業前日のためスキースクールは開校前であったためゲレンデの散歩しかできませんでしたが、圧雪していないところで足を取られることが楽しいようで笑い声が絶えません。雪を食べてみましだか「口に入れば水になるね」と喜んでました。また、ツララがたくさん吊り下がったレストランの軒先も写真のターゲットです。
 雪山散歩のあとは併設の温泉の入浴を勧めましたが、どうも大勢の他人と一緒の入浴は無理だということでした。

カルミさんらの5日目の様子1枚目
カルミさんらの5日目の様子2枚目

 新幹線で帰京後、本格的なお寿司を体験。ポンペイではキュウリやマグロの海苔巻ばかりなので、にぎり寿司を楽しんでいました。魚の名前を英語表記しているお店で、初めての魚をたくさん食べておなか一杯。

12月20日 午前中はなにも予定を入れずに休養と荷物の整理。
 午後は麗澤大学の学生たちの案内で原宿体験です。若い人でなければ案内できないお店を回って細かなアクセサリーなどがとっても面白く、びっくりしていたそうです。本人も大学の友達や家族へのお土産をずいぶん沢山買うことができそうです。
 この夜はフェアウェルパーティーです。ローストチキンのお店で渡辺さん、小笠さん、学生二人と山本の計6名でお別れしました。
 パーティーの最後にカルミさんの挨拶です。

「たくさんの皆さんに歓迎していただき驚きました。ロータリークラブというものは経済界のリーダーの集まりだから、大きな経済活動を実施しているものだと思っていましたが、今回の私の経験から考えて、ヒトとヒトとのつながりを大事にしているクラブだということが判りました。私の家庭は決して裕福ではないので、自費で日本に旅行することなど考えられませんでした。しかし、今回のコンテストに応募できたことで私に大きな経験をする機会を与えていただき、どのように感謝すればよいのでしょう。毎日、素敵なホテルと豪華な食事と、素晴らしい体験を案内していただき、まるでセレブになった気分です。父も母も大変喜んでいます。特に母は私が日本に行くことが決まった時には涙を流して喜んでいました。帰ってから旅の話をすることを思うだけで胸がドキドキします。何度も申しますが六本木ロータリークラブのみなさんに心から感謝申し上げます」

12月21日 山本が成田空港へ送り届け、11:00の定刻より13分早くユナイテッド航空827便で無事帰国しました。

卓話『絶対に言えない野球審判の裏話』平成26年12月15日

林建設株式会社 代表取締役
日本野球連盟国際審判員
東京調布ロータリークラブ
林 清一 様

林 清一 様

 皆さん、こんにちは。私、調布のリトルリーグで野球を始めて、たまたま世界チャンピョンになり、野球にのめり込んだ次第です。実業団で30歳まで野球をやり、建設会社に勤めた時、野球の審判を始めました。甲子園にも21年間、春、夏、ずっと行っておりました。仕事もちゃんとしていました。

 野球のボールが問題になりましたけど日本のボールは世界最高水準です。1グラムも1ミリも狂いがない。ところがメジャーのボールはすごい誤差があるんです。コスタリカで作っていて、重さ、大きさ、形もバラバラ。それでメジャーのボールは変化球がよく出るんですね。縫い目が高くて風の抵抗で変化するので手の大きいピッチャーは得です。ダルビッシュや田中マー君なんかは日本のとき以上によく曲がっているんではないかと思います。

 私、甲子園のあと、青い服を着た男たちと呼ばれる一員となって、世界大会に呼ばれるようになりました。世界大会での審判団は18名で構成され、メンバーは各国からくるわけですが、中南米が多いんです。野球は中南米が主なんですね。集まってまずミーティングをやるんですがスペイン語で全部説明されるので大変でした。

 オリンピックではアンパイヤーだけの選手村があって、ガードが非常にきついんです。それはアンパイヤーの買収を避けるためなんですね。ですから審判は当日の朝にならないと発表しません。審判村には外部の人は誰一人入れない。アテネのときは海岸沿いだったんですが、海岸にもライフルを持った兵隊さんがいて海からの侵入者に備えていました。移動は専用のバスで同じように移動して同じように帰ってくるという2週間でした。

 そういう中でも中南米の人たちはオリンピックを楽しんでいます。例えば2ストライク取られたら三振と思えという言葉があります。中南米のアンパイヤーは陽気で、よし、明日は三振のときはこういう格好でやるぞとか練習しているんですね。それをやりたくてしょうがない。だから2ストライクになったらもう大体、次もストライクです。外国の選手が早打ちって言われるのは、そういうことだからなんですね。日本は待って四球を選ぼうとするけど、みんな三振取られちゃう。かなり外れていても平気でストライク取っちゃいます。日本は審判に負けたと言われましたけど、それは国際大会ならではです。

 ホームアンドアウェイは野球にもあります。例えば台湾で試合やる時は応援は100対0です。向こうはきわどいプレーは必ずオーロラビジョンでスローでリプレイするんです。何万の観衆が注目しています。スロービデオを見て、あっジャッジを失敗したと思っても、結果が台湾に有利ならもう英雄ですね。逆の場合も随分ありましたけど。

 私、3年前に現役は上がって今は指導をしておりますが、これからも野球復活に向けて微力ながら頑張っていきたいと思っています。

 ありがとうございました。



▲ PAGE TOP