地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「和気藹々」―笑顔で元気に六本木らしく―

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



卓話

2018年10月

卓話『今までの私と、ロータリーがくれたもの』平成30年10月1日

プトロ ラディティヨ ハルヨ様

ロータリー米山記念奨学生 プトロ ラディティヨ ハルヨ様

私は東京西南ロータリークラブに所属しています。

本日は私の自己紹介と、ロータリークラブと出会って、私にどのような影響があったのかということをメインにお話させていただきます。

私はインドネシアのジャカルタ出身で、父は元パイロットで、現在はパイロットのインストラクターの仕事をしています。母はインドネシアでレストランを営業しています。私は17年ほどインドネシアで暮らしていて、幼い頃からシェフになりたいという希望があり、17歳でシンガポールに留学しました。調理師専門学校に通い、学校では世界の料理、主にアジアとヨーロッパの料理を勉強し、インドネシアに戻って、バリ島にあるインドネシアで一番有名な「モザイク」という美食レストランで6ヶ月働きました。インドネシアとフランス料理を総合した面白いレストランでした。しかし6ヶ月間働く中で、もっと社会に貢献できるような仕事がしたいと考えるようになり、もっと勉強をしたいなという気持ちがありました。日本の友人から留学についての連絡をもらい、まるで運命が変わり始めた。そこで私は日本に留学することにしました。

日本へ来て、まずは日本語学校で1年間日本語を勉強しました。そこから、進学を計画する時に、私は大学でどのような分野に入れば良いのかとずっと考えました。大変悩んていたことですが、元々食に興味があったことを思い出し、今から4年前に私が東京農業大学に入学しました。今は持続可能な農業の研究をしています。

学生生活や活動について

私が今勉強している分野はアグリビジネスという専攻で、普通のビジネスとは少し違い、農業のビジネスです。そしてその中で「パーマカルチャー農法」についての研究を踏み固めました。様々な組み合わせで農生態系をデザインし、作物にどのような効果があるのか、周りの環境にもどのような影響があるのかということを研究しています。例えば、人参やバジルをチェリートマトと一緒に植えれば、本当に良い影響があるのかということをこの研究で検証していきます。

部活動では、世界農業の問題を解決するための国際農業フォーラムに参加し、農業の問題点とそれぞれのソリューションを学生として話し合います。活動の中で日本から離れて台湾に他国の大学生を集めたことがあり、その場で私たちは一緒に世界における農業の問題を解決しようという活動を行っていました。

学外での活動について

去年まで2年間、シェフのスキルを再び行かせる活動に携わりました。「醤油レシピとエピソードコンテスト」では、インドネシアのレシピと日本の食材を使ってフュージョンなレシピを開発し、銀賞をいただきました。私はイスラム教で、豚肉やお酒などを消費することがいけません。しかし日本には、それらを使った料理がたくさんあります。そこで私はハラールを広める会社と協力し、ハラールワークショップなどに参加をして、日本の方にハラールのことについて説明し、同時にハラール料理も実際に紹介する活動もしています。また、モデルとしての仕事も少ししていて、去年はメトロの千代田線の広告に出させていただきました。またインドネシア料理の紹介でNHKワールドにも出演し、インドネシア風の弁当を世界の方に紹介させていただきました。本当に色々な経験をさせてもらったと思います。そして、在日のインドネシア留学生の協会でも、今現在東京にいるインドネシアの学生たちとの交流をコーディネートし、困っている留学生をサポートするような活動もしています。母国から離れて、やはりインドネシア留学生の間にある絆をさらに強めたいと思いました。力になればいいなと思ったきかっけに、私は3年前にこの在日インドネシア留学生の協会に参加しました。

ロータリークラブの活動について

ロータリークラブに参加して、たくさんの貴重な出会いがありました。

ロータリークラブはポリオを解決する組織というイメージが強くありましたが、1年間活動していく中で、平和を求めることや環境保全の活動もあり、大変思った以上にすばらしい組織だと感じました。参加させていただいたロータリーの活動の中で、国際講師として日本の高校生にインドネシアについて紹介をすることをはじめ、今年の夏の懇親会ではカウンセラーの方との出会いや、新しい友達との出会いもありました。

ロータリークラブに参加していなければ出来ない経験ばかりです。奨学金をもらって日本で勉強が出来ることに大変感謝していますが、それよりもロータリークラブでの活動から、私の心が変わったということが非常にすばらしいものとして与えてくれたのだと思います。人を助けるという気持ちを持った方がたくさんいて、皆さんとの出会いから、私ももっと人を助けることが出来るはずだと感じました。したがって、私は去年から自分の誕生日に新しい伝統を作って、必ず孤児院の子どもたちに寄付して、一緒に一日を過ごすことにしました。「みんなを幸せにする」このような考え方が出来るようになったのも、ロータリークラブでの活動があったからこそだと思います。

ロータリークラブに参加することが出来て、本当に感謝しています。ありがとうございました。



▲ PAGE TOP