地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



夜間例会

2011-2012年度 年度末夜間例会2012年06月25日

6月25日に今年度最後の例会である年度末夜間例会が開催されました。安井会長の点鐘で始まり、幹事報告の後、感謝状贈呈式が行われました。

今年度、東京六本木ロータリー・クラブを通じて「ポリオ撲滅2億ドルチャレンジ」並びに「米山奨学金」へ多額の寄付をされロータリーに大きく貢献をされた中村恭子さんに対して、クラブから感謝状をお贈りしました。中村さんは、安井会長の会社、株式会社グレイスの社員で、六本木RCの週報やHPの編集を担当されている方です。

その後、懇親の部が、恒例となりました片岡幹事の「かんぱ~い!」の発声とともに開宴しました。グランドハイアットの素晴らしいお食事に感激し、楽しい歓談の時間を過ごしました。歓談中、偶然お隣の部屋で移動例会をされていた東京白金ロータリー・クラブの舟木ガバナーノミニーをはじめ、会長・幹事の皆様がワインとともに顔を出してくださりご挨拶を頂戴いたしました。ショータイムでは「END POLIO NOW」の時にできた幻のバンド《河野拓と今夜限りの六本木バンド》が甦り、マイケルか?ジャクソン(山口富久会員)の演奏とパフォーマンスを多いに楽しみました。余談ですがこの日は、マイケル・ジャクソンの命日でした。

2011-2012年度 年度末夜間例会
2011-2012年度 年度末夜間例会

最後、新旧交代式に於いて、安井会長・片岡幹事より一年間の想いが語られ、次年度松島会長・関口幹事にバトンタッチされました。最後の閉会・点鐘は、安井会長の一年間の集大成の音色となり会場に響きました。
安井会長・片岡幹事、一年間お疲れ様でした。

2011-2012年度 年度末夜間例会

親睦活動委員会 齋藤 明子

2011-2012年度 クリスマス夜間例会2011年12月19日

12月19日(月)のクリスマス夜間例会は、『2011・・・"わ"でつなぐ六本木のクリスマス!』というテーマで静かに開会しました。今年度は震災があった年ということもあり、東北支援を何かで行うという会長並びに委員会の主旨に沿ってのクリスマスの企画でしたので、"わ"=『和』と『輪』に因んだ企画となりました。

例会の部では、会長の挨拶に始まり、11月の皆出席者の方の発表、そして佐藤特別代表の心温まるお言葉と共に乾杯で無事に例会を終え、懇親の部へ。
お食事の途中である方からのメッセージが・・・サンタクロースから子どもたちへメッセージが届けられクッキーで作ってあるXmasツリーが渡されました。サンタさんは、ブリザードに遭遇してしまって来られなかったそうです。(余談ですが...)

その後、齋藤明子会員のプロデュースによるアトラクション""今夜だけのスペシャル企画""と題した津軽三味線と講談師との""和""のコラボレーションがありました。
本田恵美子さん演奏の素晴らしいテクニックの津軽三味線に始まり、続いて神田京子さんによる「忠臣蔵」の講談。神田さんの語り口は何とも軽快で歯切れの良いものでした。講談とはもっとかしこまったものかと思っておりましたが、場の雰囲気を和ませながらのストーリー展開に、気がつけば会場中が笑いの渦になっておりました。ストーリーも半ばに入ると登場人物の心情にすっかりなり切る神田京子さんを見て、普段オペラばかりを研究している私はまるでオペラのワンシーンを見ているかのような錯覚すら覚えました。年代、国は違えども人の気持ちというものはいつの世も同じで変わらぬものだと。

会の締めくくりは神田さんが"かっぽれ" を舞って下さり、会場を大いに盛り上げて下さいました。クリスマスに"和風"とは斬新で粋なクリスマス会になるのではと大いに期待していた通り、素晴らしい一夜となりました。

昨年は震災の影響で日本中が悲しみや苦しみの多い年となってしまいましたが、今年は少しでも笑い、喜び、希望のある年であってほしいと心から願います。

2011-2012年度 年度末夜間例会

親睦活動委員会 齊藤千穂

2011-2012年度 納涼夜間例会2011年08月29日

暑さの残る8月29日(月)19時より、グランドハイアット東京2階コリアンダーにて東京六本木ロータリー・クラブ2011-12年度の納涼夜間例会が開催されました。
当日は第2750地区東京城西RCの皆川会長、門野幹事様を始め会員、ゲストの総勢42名とお子様2名に出席していただきました。

「日本の和み」をテーマにした納涼例会に、多くの女性の会員の皆様が着物や浴衣を着ていらっしゃいました。とても素敵でした。浅田会員の浴衣姿もとっても""粋""でしたよ。
平松会員の点鐘、安井会長の挨拶と続き、今回は参加者同士の親睦を深められる懇談の時間をたっぷり取った立食での例会でした。

そして何より今回の目玉は、例会では始めての和食ビュッフェでした。とても素敵に盛りつけられているお造りから、その場で焼いている各種串焼き、ひとりひとりオーダーメードでつくって下さるしゃぶしゃぶや、揚げたての天ぷらに、心底堪能いたしました。そうそう、茶碗蒸しも美味しかった!

最後に会員からご提供頂いた賞品で「大ジャンケン大会」を行いました。くじ運、ジャンケン運の特に弱いハズの私がナゼか一番で景品を受け取ってしまう"ハプニング(?)"もあったのですが、とても記憶に残る例会となりました。

2011-2012年度 納涼夜間例会

親睦活動委員会 三田 大介



▲ PAGE TOP