地域貢献と奉仕の理想を追求する 東京六本木ロータリークラブ…「ロータリーで友情を育もう」

国際ロータリー第2750地区 東京六本木ロータリー・クラブ The Rotary Club of Tokyo Roppongi

文字サイズ変更



イニシエーションスピーチ

日下部 真治さん2010年2月8日

六本木ロータリークラブの諸先輩方、新会員の日下部真治です。
2月1日の例会の際に、イニシエーション・スピーチをさせて頂きました。初期の緊張もほぐれて、ようやくクラブの例会にも慣れてきました。

私がパートナー弁護士となっているアンダーソン・毛利・友常法律事務所は、所属弁護士数が300名ほどの大規模総合法律事務所ですが、私自身は、企業法務一般、特に、紛争処理、企業間商取引、及び製造物責任に関する業務を取り扱っています。1995年4月に弁護士になりましたので、もうすぐ丸15年が経とうとしており、また、年齢も、昨年末に丁度40歳になりました。惑いなく、油の乗った仕事振りとなるよう、より一層の覚悟で職務に臨む所存です。

私生活では、双子の娘(8歳)の父親です。娘たちが年頃になって父親を邪険に扱う日が来ることに怯えながらも、目下のところ、子供とのお出掛けを一番の楽しみにしています。今後は、ゴルフの練習をお出掛け内容にさりげなく組み込みながら、クラブの皆さんと一緒にラウンドしても恥ずかしくないよう努力する所存です。また、美味しい食事やお酒にも目がありませんので、機会がありましたら是非お声掛け下さい。

今後とも末永く、どうぞよろしくお願い申し上げます。



▲ PAGE TOP